1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本語学習「ATTAIN ONLINE JAPANESE」、教材ラインナップを増量

2019年12月12日

日本語学習「ATTAIN ONLINE JAPANESE」、教材ラインナップを増量

アテインは11日、同社の日本語学習サイト「Attain Online Japanese(アテイン・オンライン・ジャパニーズ)」の教材ラインナップを大幅に増やし、12月下旬に提供すると発表した。

「Attain Online Japanese」は、同社がこれまでに制作してきた日本語能力試験(JLPT)対策教材(映像、テキスト・小テスト付)に加え、初級~上級日本語まで様々なレベルの学習者向け教材や模擬試験、日本式ビジネスマナー教材も含めた全ての教材が見放題のサイト。

全コンテンツ見放題で、料金を気にせず何度でも受講でき、自分のレベルに合わせていつでも日本語のレベルを変更することができる。

映像再生時間だけでも100時間以上のボリュームで、通学や予約も必要なく、1つのサイトで日本語の学習と練習を繰り返すことができ、短期間で学習効果が出る。

また、このサイトはオンライン日本語レッスンと組み合わせることもでき、リアルタイムで学習者の疑問を解消できる。

「だれでも、いつでも、どこでも」学べるうえに、自分のペースで学習できるので、言語クラスでよく問題になる「羞恥心」が原因となる学習への不参加が避けられる。

学習者はどこにいても、日本語教育権威のネイティブの講師の授業を直接受講できる。事前学習テキストと副読本テキストも付いており、いつでもどこでも予習・復習ができる。

関連URL

「Attain Online Japanese」

アテイン

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス