1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 角川ドワンゴ学園など3者、AI活用した課題解決スキル育成プログラムを開発

2020年1月15日

角川ドワンゴ学園など3者、AI活用した課題解決スキル育成プログラムを開発

角川ドワンゴ学園、グルーヴノーツ、ミミクリデザインの3者は14日、AIを活用した課題解決スキル育成プログラムを開発し、20日から約1カ月間、N中等部で効果実証した後、授業スライドや授業運営マニュアルを経産省のSTEAMライブラリー上で公開する、と発表した。

角川ドワンゴ学園は、2016年の開校以来、「ネットの高校」N高の生徒に、リアルな場での職業体験やスタディツアーを通し、能力向上プログラムの開発を進めてきた。

2018年7月、経済産業省「未来の教室」実証事業として採択され、ワークショップデザインの手法を用いた集団の課題解決を専門とするミミクリデザインと協同で、中高生を対象とした情動スキル、協同スキル、思考スキルや、課題解決、価値創造に取り組む「21世紀型スキルプログラム」の開発と効果実証を行ってきた。

また、グルーヴノーツは2016年から、テクノロジーと遊ぶアフタースクール「TECH PARK(テックパーク)」を開校し、プログラミングやデジタルファブ、アート、AIや数理などを組み合わせた幅広いアクティビティで、子どもたち一人ひとりに応じた成長を支援。

2019年度の「未来の教室」実証事業では、グルーヴノーツが独自開発する中学生を対象とした機械学習教育コンテンツを組み合わせ、機械学習を活用した課題解決スキル育成プログラムとして拡張する。

今月20日から、N中等部で、AIの概念を理解する学びと、「AIレジ」という機械学習を用いた無人レジの制作を通して、機械学習技術の活用を体験的に学ぶプログラムの導入をスタートさせる。

関連URL

角川ドワンゴ学園N高

角川ドワンゴ学園N中等部

グルーヴノーツ

ミミクリデザイン

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス