1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 情報セキュリティ、ランサムウェア対策に有効な「TiFRONT」の取扱い開始

2020年1月16日

情報セキュリティ、ランサムウェア対策に有効な「TiFRONT」の取扱い開始

情報セキュリティは15日、PIOLINK(パイオリンク)社と販売パートナー契約を締結し、PIOLINK社製のセキュリティスイッチ「TiFRONT」の取り扱いを開始した、と発表した。


TiFRONTは、セキュリティエンジンを搭載したハードウェア製品で、ランサムウェア対策、Windows XPなどのサポート終了端末のセキュリティ確保、内部不正の取り締まりに有効。

L2スイッチやHUBをTiFRONTに置き換えることで、基本的な通信のスイッチング機能とセキュリティ対策機能の両方を担わせることができる。

最小限の構成変更で導入が完了し、その後は自動でネットワークの監視を行い、危険な通信だけをブロック。これにより、業務を止めないでセキュリティ対策ができる。

同製品は、これまでのセキュリティ製品(ファイアウォールやエンドポイント対策)に付加できる。配下に属するすべての端末を保護することができ、Windows XPなど脆弱性を抱えた端末を含むネットワークのセキュリティ対策として有効。

TiFRONTが攻撃を検知すると、それに関わる不正な通信および内部拡散の経路となる通信を遮断。感染の拡大や事態の深刻化(ラテラルムーブメント)を防ぎ、被害を最小限に抑える。マルウェアがUSBメモリなどを媒介として持ち込まれた場合も、同様に機能する。

検知には、ふるまい検知方式を採用しているおり、ランサムウェアや標的型攻撃など、未知の脅威にも効果がある。

TiFRONTが設置されているネットワークに属する端末の情報を管理できる。ネットワーク内での不正接続を検知し、必要に応じて遮断。内部からの不正接続対策ができる。

関連URL

TiFRONT

PIOLINK

情報セキュリティ

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス