1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. みらい翻訳、英会話をリアルタイムに書き起こすサービスで協業を開始

2020年1月24日

みらい翻訳、英会話をリアルタイムに書き起こすサービスで協業を開始

NTTドコモとOtter.aiは22日、音声認識AIサービス「Otter」の日本国内での事業展開に向けて協業を開始、機械翻訳サービス「MiraiTranslator」を提供するみらい翻訳と連携し、新たなサービスの開発を進めていくと発表した。

Otterは英語音声を自動で文字起こしする音声認識サービス。スマートフォンで録音した英語音声をリアルタイムにテキスト化する。講演や会議など長時間にわたる英語音声や複数人の音声識別に対応しているほか、AIによって精度の高い文字起こしができるため、英語でのレポートや議事録の作成時間が大幅に削減できる。

また、テキスト化された内容のキーワード検索や、テキストをタップするだけで聞き直しができるなど、録音した内容の振り返りがしやすいため、生産性向上にもつながる。

今回の協業を通じ、NTTドコモはOtterの普及に向けて日本市場での需要や有用性などについて調査を開始し、2020年度からは国内企業への導入支援に取り組んでいく。また、みらい翻訳のサービスとOtter.aiのサービスを組み合わせた、セキュアな環境での高度な翻訳を行うサービスの実現に向けて検討を開始する。

その一環として、1月8日から、ベルリッツ・ジャパンが全国に展開するベルリッツ・ランゲージセンターで、受講生へのOtterの利用案内を開始した。レッスンをOtterで録音することにより、授業内での会話が文字として記録され、また、そのテキストから音声を確認したい部分をタップすると録音された声も再生できることから、学習を振り返ることでの効果などを検証する。

関連URL

「Otter」

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス