1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すらら、「新学習指導要領」対応の小学高学年版国語コンテンツを追加リリース

2020年3月2日

すらら、「新学習指導要領」対応の小学高学年版国語コンテンツを追加リリース

すららネットは、同社のAI×アダプティブラーニング教材「すらら」に、新学習指導要領に対応した小学校高学年版国語コンテンツを、2月28日に追加リリースした。

4月から小学校で実施される新学習指導要領では、文章を読んで情報を取り出す従来型の読解に加え、「取り出した情報をどう評価し、活用するか」という情報処理がこれまでよりも重視される。

情報処理は、説明文や物語文の中だけでなく実用的な文章(ポスター、パンフレット、記事、ウェブサイトなど)の読解や、スピーチ、プレゼンテーション、ディスカッションなどの多様な言語活動の中で身に付けることが求められている。

そこで今回、実用的な文章や、ディスカッション、インタビューなどの言語活動を素材に複数の素材文から必要な情報を抜き出し関連付けや比較を行う、目的や意図に応じて必要な情報を判断する、ことなどを目的とした新単元を「すらら」に追加リリースした。

今回追加した新単元は、従来あるステージ1~ステージ9に追加される形で、「ステージ10」として2段階でリリースする。

2月28日リリースの第1段階は、インタビューや話し合いといった言語活動、実用的な文章(広告文やホームページ、雑誌記事)の読解、複数の文章から情報を抜き出し分類や比較を行うトレーニング、の3項目で構成。

また、今夏にリリース予定の第2段階では、情報の「発信」に焦点を当て、ポスターやパンフレットなどの制作、スピーチやプレゼンテーションの構成に取り組む。

さらに、2021年に中学校、2022年に高校で順次実施される新学習指導要領に合わせ、中学校版国語、高校版国語についても対応を行う予定。

関連URL

「すらら」

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス