1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI型タブレット教材「Qubena」のCOMPASS、小学館グループに参画

2020年3月2日

AI型タブレット教材「Qubena」のCOMPASS、小学館グループに参画

AI型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは、発行済全株式を小学館に譲渡し、小学館の関連会社になったと2月28日に発表した。

小学館グループへの参画は昨年12月27日付で、これに伴いCOMPASSの経営体制も変更された。

COMPASSは、2012年創業。「Qubena」を主要サービスに、アダプティブラーニングによる個別最適化された学びを、学校・学習塾に提供してきた。

一方、小学館は、小学生を対象とした学年別学習雑誌に始まり、雑誌、書籍、デジタルコンテンツ配信などの総合出版事業を展開。

近年、教育のデジタル領域をビジネスの「柱」に成長させるべく様々な取り組みを進める中で、COMPASSのAI技術を使用した教材開発とこれまでの導入実績に注目していた。

また、COMPASSも、小学館の教材やコンテンツなどの経営資源を最大限に活用することで、今後、新規教材開発などのサービス拡充を加速させることができると判断。今回の関連会社化に至ったという。

株式譲渡に伴い、1月1日付で神野元基氏がCOMPASS代表取締役CEOを退任し、新たに小川正幹氏が就任。小川氏は創業以来、取締役CTOとして「Qubena」の開発を牽引し、事業の成長を支えてきた。

関連URL

COMPASS

小学館

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス