1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Digikaのそろタッチ、「新型コロナ休校」で学習量が23.5%増加

2020年3月9日

Digikaのそろタッチ、「新型コロナ休校」で学習量が23.5%増加

Digikaは、新型コロナウイルスで「休校」となった3月2日~5日までの4日間の、「そろタッチ」生徒2266人の学習データを解析した結果をまとめ、6日に発表した。

それによると、iPadを使った暗算学習法「そろタッチ」による1人1日当たりの平均計算解答数が、2月の平均と比べ92.9問から114.7問へと23.5%増加。

学習時間の平均値も、12.2分から15.2分へ増加。EdTechの力で「コロナ休校」後の学習量が上がり、かつ時間効率(1分あたりに解く問題数)も維持しており、学びを止めるどころか、学びが加速していることが確認された。

このデータは、住居地が日本で、比較した2月、3月(2~5日)両方で学習実績のある「そろタッチ」生徒2266人(男子51.1%:女子48.9%、平均年齢7.6歳)を対象に調査した結果を分析したもの。

分析データによると、平均そろタッチプレー期間は11.9カ月、1日あたりの平均解答数は2月が21万410問、3月が25万9944問。

1生徒あたりの1日の平均解答数は、2月が92.9問、3月が114.7問。1日の平均解答時間は2月462.6時間、3月572.3時間。1生徒あたりの1日の平均解答時間は、2月12.2分、3月15.2分。

1生徒あたりの1分あたりの平均解答数(時間効率)は、2月が7.58問、3月が7.57問だった。

そろタッチでは、「学習を加速しよう!キャンペーン」を全てのそろタッチ生向けに7日から開始。また、3月中にそろタッチに新規入会すると、3月末までそろタッチが無料で活用できるキャンペーンも実施中。

関連URL

キャンペーンの詳細

「そろタッチ」

そろタッチ教室

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス