1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Digikaのそろタッチ、「新型コロナ休校」で学習量が23.5%増加

2020年3月9日

Digikaのそろタッチ、「新型コロナ休校」で学習量が23.5%増加

Digikaは、新型コロナウイルスで「休校」となった3月2日~5日までの4日間の、「そろタッチ」生徒2266人の学習データを解析した結果をまとめ、6日に発表した。

それによると、iPadを使った暗算学習法「そろタッチ」による1人1日当たりの平均計算解答数が、2月の平均と比べ92.9問から114.7問へと23.5%増加。

学習時間の平均値も、12.2分から15.2分へ増加。EdTechの力で「コロナ休校」後の学習量が上がり、かつ時間効率(1分あたりに解く問題数)も維持しており、学びを止めるどころか、学びが加速していることが確認された。

このデータは、住居地が日本で、比較した2月、3月(2~5日)両方で学習実績のある「そろタッチ」生徒2266人(男子51.1%:女子48.9%、平均年齢7.6歳)を対象に調査した結果を分析したもの。

分析データによると、平均そろタッチプレー期間は11.9カ月、1日あたりの平均解答数は2月が21万410問、3月が25万9944問。

1生徒あたりの1日の平均解答数は、2月が92.9問、3月が114.7問。1日の平均解答時間は2月462.6時間、3月572.3時間。1生徒あたりの1日の平均解答時間は、2月12.2分、3月15.2分。

1生徒あたりの1分あたりの平均解答数(時間効率)は、2月が7.58問、3月が7.57問だった。

そろタッチでは、「学習を加速しよう!キャンペーン」を全てのそろタッチ生向けに7日から開始。また、3月中にそろタッチに新規入会すると、3月末までそろタッチが無料で活用できるキャンペーンも実施中。

関連URL

キャンペーンの詳細

「そろタッチ」

そろタッチ教室

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス