1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ミュージアム展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」、神戸ビーフ館が導入

2020年4月6日

ミュージアム展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」、神戸ビーフ館が導入

早稲田システム開発は3日、同社のミュージアム向け無料ガイドアプリ「ポケット学芸員」が、神戸ビーフ館(神戸市)に導入されたと発表した。


昨年3月にオープンした同館では、展示物の解説を日本語と英語でしか行っていなかった。だが、来館者の約半数が外国人であることから、より多くの来館者に但馬牛・神戸ビーフの魅力を発信すべく、展示内容を5カ国語(日・英・中・韓・仏)で解説することを検討。

操作がシンプルで来館者の費用負担がないことなどから、「ポケット学芸員」を先月5日から導入した。

その結果、展示解説を文字、画像、音声で配信し、対応言語も日本語、英語、フランス語、中国語(簡体字)、韓国語に増えた。

同アプリは、スマホを利用して展示解説を閲覧・視聴できるガイドアプリ。ひとつのアプリを複数のミュージアムで共用的に使える点が特徴で、スマホにインストールしておけば、全国のサービス実施館で展示ガイドが利用できる。

ガイド内容は、それぞれの博物館・美術館が独自に工夫して制作する仕組みを採用。館によっては、テキスト画面だけでなく、写真や動画、音声など多様なスタイルで情報を配信しているところもある。

関連URL

「ポケット学芸員」

神戸ビーフ館

早稲田システム開発

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス