1. トップ
  2. データ・資料
  3. スピーキング評価AI「CHIVOX」、グローバル利用実績が30億回を突破

2020年4月6日

スピーキング評価AI「CHIVOX」、グローバル利用実績が30億回を突破

アイードは3日、同社の英語スピーキング評価AI「CHIVOX(チボックス)」の2月以降のグローバルでの利用実績が30億回を突破した、と発表した。

「CHIVOX」は、オンライン英語学習サービスの内部に組み込まれる形で利用されるサービスだが、新型コロナウイルスの流行前と比較して利用実績が伸びているという。

3月以降、日本では新型コロナウイルス流行前/後の平均利用実績よりも約2倍伸びており、中国でも約2.2倍に伸びている。グローバルでは、直近2カ月間で合計30億回以上のスピーキング評価が行われた。

同社は、こうした急激な利用実績の伸びを受け、グローバルでのCHIVOX活用事例を独自調査し、その結果をまとめた。

それによると、活用事例ランキング第1位は、宿題やトレーニング向けの「スピーキング学習(宿題/トレーニング)」サービス。新型コロナウイルスの流行以降、顕著に利用実績が伸びており、学生のオンライン学習時間が大幅に上昇していた。

第2位は、オンライン授業向けの「スピーキング学習」サービス。新型コロナウイルスで休校中の子どもたちの学び継続のためEdTech企業による自社サービスの無償提供がグローバルで拡大。

また、第3位はスピーキングテスト(アセスメント)での活用で、第4位はスピーキング学習(AIによるインタラクティブレッスン)だった。

CHIVOXは、AIが学習者のスピーキングを「発音」「流暢さ」「内容」「文法」などの項目で診断し改善点フィードバックを行う機能を、導入企業が自社の英語学習サービスに自由に搭載できるサービス。

中国の英語教育サービス市場の約60%を占有し、グローバルでは1000社以上のプロダクトに導入。132の国と地域で利用され、毎月6億回以上の評価が行われている。

関連URL

アイード

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス