1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アルクの英語学習アプリ「booco」、音声評価AI技術「CHIVOX」を導入

2021年3月2日

アルクの英語学習アプリ「booco」、音声評価AI技術「CHIVOX」を導入

アイードは1日、同社の英語スピーキング評価AI「CHIVOX(チボックス)」を、アルクの英語学習スマホアプリ「booco(ブーコ)」に提供を開始したと発表した。

2020年4月に誕生した「booco」は、英語学習の参考書や問題集をアプリ内で学習できるスマホアプリ。これまでは、「読む」「聞く」といったインプット学習を中心に提供していたが、今回新たに「話す」「書く」というアウトプット学習を追加。

これにより、アルクの書籍・教材を使っての「読む、聞く、話す、書く」の英語4技能を、「booco」ひとつで総合的に学べるようになった。

今回のアップデートで、アルクのベストセラー書籍を使った学習を「便利にする」だけでなく、インプット・アウトプット両面のトレーニングで、より一層の学習効果を得られるようになった。

4技能学習に対応したコンテンツは、個人ユーザーのほか、企業・団体などが対象の「法人向けオンライン自己学習サービス」でも利用できる。

「CHIVOX」は、AIが学習者のスピーキング能力を「発音」「流暢さ」「内容」「文法」などの項目で診断。改善点のフィードバックができ、英語スピーキングでの自動採点システムの構築やトレーニングアプリの開発に役立つクラウドサービス。

新搭載「アウトプットトレーニング」概要

■AIの評価がモチベーションにつながる「音読トレーニング」
・内容:初級・中級者の会話力向上に欠かせない音読トレーニング。「CHIVOX」によって、ユーザーの発話を発音、リズム、流暢性などの観点から総合的に分析し、4段階の評価をフィードバック
■英作文トレーニングをクイズ化した「語句並べ替え問題」
内容:正しい文章になるように、語句を並べ替えるトレーニング。書く力を身に付けるほか、語彙力や文法知識を身に付け英語運用力を底上げするのに有効な英作文トレーニングをアプリ化。ベストセラー「Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル」も対応

関連URL

「booco」
(iOS)
(Android)
アルク

アイード

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス