1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. クラウド型WAF「攻撃遮断くん」、累計導入サイト数が1万2000を突破

2020年4月15日

クラウド型WAF「攻撃遮断くん」、累計導入サイト数が1万2000を突破

サイバーセキュリティクラウドは14日、同社のクラウド型WAF「攻撃遮断くん」の累計導入サイト数が、今年3月時点で1万2000サイトを突破したと発表した。

「攻撃遮断くん」は、Webサイト・Webサーバへのサイバー攻撃を可視化・遮断するWebセキュリティサービス。

2013年12月のサービス提供開始後、2019年9月に累計導入サイト数が1万サイトを突破。そして今回、今年3月にわずか半年で累計導入サイト数が1万2000サイトを超えた。

直近ではディープラーニング(深層学習)を用いた攻撃検知AIエンジン「Cyneural(サイニューラル)」を開発し、運用を開始。膨大なサイバー攻撃のデータを活用して、一般的な攻撃はもちろん、未知の攻撃、誤検知などの発見を高速実施している。

また、新型コロナウイルスの影響で、テレワークや在宅勤務を実施する企業が急激に増加しているなか、今後オフィスが手薄になり、サイバー攻撃を受けてから発覚までが遅れることで、被害規模の拡大につながるケースの増加が考えられる。

同社は、こうした需要にもいち早く対応するなどして、さらなる導入社数の増加を目指す。

関連URL

「攻撃遮断くん」

サイバーセキュリティクラウド

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス