1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. AtCoder、「アルゴリズム実技検定」第2回試験5月2日までオンラインで実施

2020年4月21日

AtCoder、「アルゴリズム実技検定」第2回試験5月2日までオンラインで実施

AtCoderは、プログラミングスキルを可視化するオンラインプログラミング検定「アルゴリズム実技検定」の第2回試験を、4月18日~5月2日12:59まで実施する。

この検定は、「アルゴリズムをデザインし、コーディングする能力」、つまり1からプログラムを作成する能力を問う、実践を想定した日本初の試験。

「知識型ではない」、「受験者が得意なプログラミング言語を選べる」、「アルゴリズムの実力を測る」という3点から、可視化が難しかったプログラミング能力を5段階で評価することができるようになった。

同検定は、「アルゴリズム実技検定ホームページ」から申込むが、受験には「AtCoderID」が必要となる。

獲得した点数に応じて、5段階でランクを認定。問題数は15問(1問目=9点/2~3問目=8点/4~6問目=7点/7~15問目=6点)で100点満点。

ランクは、エントリー(25~39点)、初級(40~59点)、中級(60~79点)、上級(80~89点)、エキスパート(90~100点)の5段階。受験結果に応じて認定証が発行される。

第2回アルゴリズム実技検定の実施概要

実施日時:4月18日(土)13:00〜5月2日(土)12:59(受験開始時刻から5時間)
受験方法:オンライン受験(AtCoderIDを使用し、自宅・職場など場所を選ばず受験可能)
受験費用(税込):一般8800円/人、団体(30人以上)7040円/人、団体(100人以上)6160円/人

詳細・申込

関連URL

AtCoder

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス