1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. フルノシステムズ、「UNIFAS」をクラウド上でパッケージ化した新サービス5月提供

2020年4月29日

フルノシステムズ、「UNIFAS」をクラウド上でパッケージ化した新サービス5月提供

フルノシステムズは27日、同社が提供している無線ネットワーク管理システム「UNIFAS」(ユニファス)で、東日本電信電話が提供している、「Cloud Gateway Server Hosting」 (クラウドゲートウェイ サーバーホスティング)サービスを基盤としたクラウド上にパッケージ化し、現場で簡単にWi-Fi環境を構築することが可能になったと発表した。

これにより、従来から大規模な無線LAN環境の構築に手間がかかっていた設定、維持管理が簡単になったことで、集中管理における無線LAN環境の構築・運用の手間を大幅に削減することができる。今回、日本全国の大学、研究機関等の学術情報基盤として活用されている学術情報ネットワークSINET上で運用できるため、新たに無線LAN管理のためのサーバーを構築する必要はなく、スピーディに、簡単に学内無線ネットワーク環境を立ち上げることができる。

今回、新たにパッケージ化された「UNIFAS Cloud Gateway for SINET」は、学内LAN整備とクラウド環境構築の解決をはかる手段として、一層期待されるものだという。

「UNIFAS Cloud Gateway for SINET」のメリットは、従来のクラウドホスティングサービスに、無線LAN管理機能を追加したことで、ワンパッケージで提供。サーバー構築にまつわる作業や運用管理が不要で、短期間でWi-Fi環境を構築。SINET接続に対応しているため、高速かつセキュアな環境でWi-Fi接続ができる。

また、学術情報ネットワークSINETを活用している大学、研究機関は、無線管理のための別のネットワーク回線は不要であり、SINET上でアクセスポイント(ACERA)を管理することが可能。このように学校現場で最適化されたWi-Fiは、安心、安全に運用でき、管理者の負担を軽減するとともに、学校ICTを活用した教育の促進を強力にバックアップしていくという。

関連URL

UNIFAS

Cloud Gateway Server Hosting

フルノシステムズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス