1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネット、英語スピーキング評価AI技術を提供するアイードと業務提携

2020年4月29日

すららネット、英語スピーキング評価AI技術を提供するアイードと業務提携

すららネットは27日、英語スピーキング評価AI技術「CHIVOX (チボックス) 」を提供するアイードと業務提携したと発表した。

これまでレクチャー、ドリル、テスト機能により「読む」「聞く」「書く」の3つの技能の学習を提供してきた「すらら」英語に、AIが話者のスピーキングを診断し改善点フィードバックを行う「CHIVOX」を搭載することにより、英語4技能対応版「すらら」を開発・提供し、日本の英語教育に貢献することが業務提携の狙いだという。

昨今の世界的な新型コロナウイルスの大流行を受け、日本国内でも学校や学習塾の休校が相次いでいる。すららネットとアイードは、この状況下でも児童・生徒が安心して学びを続けられるよう、CHIVOXを活用し英語4技能すべてを学べるインタラクティブな英語学習教材の開発・提供を進める。英語4技能対応版「すらら」は、スピーキングを含めた英語学習を学習者自身が自立的に行えるようになる機会を提供すると同時に、教育機関における英語教員不足等の課題解決にも寄与するものだという。

英語4技能対応版「すらら」は、2020年中に正式リリースする計画。英語4技能対応版「すらら」では、従来の「すらら」に加え、「英語を話す」トレーニングを組み込む。

英語4技能対応版「すらら」を活用することで、学習塾における学習者や個人受講者の学習効果が高まるのみならず、GIGAスクール構想により1人1台端末と高速通信ネットワークの整備が進む公教育においても「話す」力を含む英語4技能学習を自己学習で完結できるようになる。個別最適化されたアダプティブな教材に、英語を「話す」力を育むコンテンツが新たに提供されることで、日本の英語教育の効率化、効果向上、ひいては日本のグローバル化にも寄与できるものだという。

関連URL

アイード

すらら

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス