1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. イングリッシュブートキャンプ、「10時間突貫オンラインコース」開始

2020年5月2日

イングリッシュブートキャンプ、「10時間突貫オンラインコース」開始

イングリッシュブートキャンプは、「10時間突貫オンラインコース」を5月2日から開始する。同コースは、通常は教室で実施している短期集中英会話プログラムを、オンラインで受講出来るように開発した新たなプログラム。


ビデオ会議サービス「Zoom」の「ブレイクアウトルーム機能」(参加者が小部屋に分かれて会話出来る機能)をフル活用し、オンライン英会話業界で初の「マンツーマン」×「グループ」のハイブリッド式レッスンを実施する。

講師数は受講生5名に対し6名という、マンツーマン以上の講師比率を採用。各クラスはまず大部屋で全員集合した状態からスタートし、各レッスンの説明や身に付けるべきスキルの説明をクラス全体で学ぶ。その後、一度小部屋で少人数に分かれてマンツーマンでトレーニングを行う。そして十分にトレーニングが完了したら、また大部屋に戻って全体で成果を確認するという流れになる。

同社では、“英会話は一気にやらないと壁を壊せない”と考えているという。毎日コツコツと単語を覚えて、文法を勉強していればそのうち喋れるというものではない。この考えから教室で実施するのは2日間で英会話を喋れるようになるプログラム。

「10時間突貫オンラインコース」は、開催日程についても今後順次追加予定。また、現在モニター受講特別価格での提供を実施中で、通常価格から1万500円の割引価格で受講が可能。

関連URL

10時間突貫オンラインコース

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス