1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「CoachBiz」、リモートワークテック集めた「Remotechカオスマップ 2020版」公開

2020年5月2日

「CoachBiz」、リモートワークテック集めた「Remotechカオスマップ 2020版」公開

「CoachBiz(コーチビズ)」を運営するforentは4月30日、「リモートワークテック(Remotech)カオスマップ 2020年版」を作成・公開した。


現在、COVID-19(新型コロナ)の影響で、リモートワーク・在宅ワークが注目を浴びているにも関わらず、リモートワークを「どのように導入するか」や「どう効率よく活用するか」の課題があり、多くの企業のリモートワークの生産性向上に役立ててもらいたいと、リモートワークの働きやすさを促すツール・サービスをまとめた。

今回、Remotechの定義として、リモートワークの環境下で企業の生産性や社員の満足度の向上を促すツール・サービスとした。具体的な内容としては、大きく17項目に分けており、Slackなどのメッセージサービス、Zoomなどのビデオ会議ツールから従業員のエンゲージメントを上げるツール等を取り上げた。

尚、このカオスマップは同社独自で定めたリモートワークに関連するサービスを提供している企業のプレスリリースや製品サイト、導入実績などの公開情報を基に同社が独自の主点で取りまとめたもので、網羅性や正確性を完全に担保するものではない。

「Remotechカオスマップ2020」高解像度・サービス一覧(Google Spreadsheet)の入手方法は、問い合わせフォームに送信。問い合わせ完了後に登録されたeメールにカオスマップを送る。

問い合わせフォーム

関連URL

CoahBiz

forent

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス