1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 開発教育協会の「新型コロナに関するワークショップ教材」に多くの反響

2020年5月13日

開発教育協会の「新型コロナに関するワークショップ教材」に多くの反響

開発教育協会は12日、同協会が先月発行したワークショップ教材「新型コロナウイルス感染症とわたしたち」に関して、オンライン授業での実践報告など多くの反響が届いていると発表した。

実施例:オンラインのワークショップで作成されたインフォグラフィック

同協会では、4月15日に同教材を発行し、4月27日には、英語版のワークシートも新規に追加。これまでに約500件ダウンロードされ、全国の小中高校、大学、サークル、NPO/NGO、企業(社内研修)などから実践報告が届いている。

同教材では、グローバルに感染が広がる新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について、自分の気持ちを整理したり、経緯をふりかえったり、様々な社会問題との関連性を確認するなどして、話し合うことができる。

教材には、4つのアクティビティ(手引きと日本語・英語のワークシート)を収録。オンライン授業で利用する場合は、ワークシートを事前に配布して記入してもらった後、オンラインで共有するといった使い方もできる。実施の際には、対象者や学習環境に合わせて、アレンジして利用できる。

教材の概要

発行:4月15日
対象:小学校高学年以上(一部高校生以上)
内容:実践者用の手引き(PDF・9頁)とワークシート(Word・4種類/日本語・英語)
4つのアクティビティ:①わたしの気持ち、②なにが起こった?どう感じた?、③様々な意見を読んで考える、④これからの世の中
価格:無料(寄付での応援
詳細・入手

関連URL

実践レポート

開発教育協会

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス