1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アドビ、1億円のファンドでクリエイターの創作活動を支援

2020年5月27日

アドビ、1億円のファンドでクリエイターの創作活動を支援

アドビ・システムズは26日、新型コロナウイルスの影響で厳しい状況に置かれたクリエイターの創作活動を支援するため、グローバルで約1億円(100万米ドル)のファンド「Creative Residency Community Fund」を創設、クリエイターからのプログラム参加を募集すると発表した。

同プログラムは、5月から12カ月間実施され、申請した候補者たちは毎月新しいクリエイティブプロジェクトを実施する。日本での申請は、26日から専用サイトで受付を開始した。また、申請は3カ月ごとに締切り、選考期間を経て、随時結果を候補者に連絡する。

同ファンドへの申請は、クリエイターから申請されたプロジェクトの企画内容やクリエイティブのスキルに応じて、個人の「クリエイティブプロジェクト」または「アドビ委託プロジェクト」のどちらかにできる。

「クリエイティブプロジェクト」は、個人の創作活動に対してのサポートで、企画のアイデアやその制作プロセスのシェアやタイムラインの提案をもとに選考委員会で審査。

また「アドビ委託プロジェクト」は、会社のニーズやタイミング、個人のスキルや強みに応じてプロジェクトとのマッチングを行い、制作活動をサポートする。

例えば、Adobe.comのトップページのキービジュアルの制作、日本の記念日をアドビのソーシャルチャンネル上で祝うためのビジュアルの制作協力などが用意されている。

どちらのプロジェクトも、対象に選定された場合は5〜50万円の間でのCommunity Fundを受け取ることができる。さらに、Creative Cloudの1年間の無償ライセンスやキャリアガイダンスのワークショップなどの追加サポートも受けられる。

世界中のクリエイターが申請できるが、「日本プロジェクトへの申請」は日本語でのコミュニケーション、「グローバルプロジェクトへの申請」は英語でのコミュニケーション。また、18歳以上(学歴不問)で、ビジュアル制作ができるクリエイターであることが必要。

対象は、様々なジャンルのビジュアルデザイン分野のプロジェクトで、ビデオ、写真/フォトアート、グラフィックデザイン、イラスト、3D、モーションデザイン、プロダクト/インターフェイスデザイン(UI/UX)など。

申請期限は6月1日、9月7日、12月7日、来年3月1日の4回設けられており、それぞれの期限ごとに選考期間、候補者への返信期限、プロジェクト開始日が設定されている。

関連URL

「申請関連情報」
(申請要項)
(日本サイト)

「Adobe Creative Residency」

アドビ・システムズ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス