1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ALSI、「GIGAスクール構想」向けにWebフィルタリング機能を大幅強化

2020年7月1日

ALSI、「GIGAスクール構想」向けにWebフィルタリング機能を大幅強化

アルプス・システム・インテグレーションは、同社のクラウド型セキュアWebゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection(インターセーフゲートウェイコネクション)」を、GIGAスクール構想向けに大幅に機能強化し、7月20日からアップデート配信する。

今回のアップデートは3点。まず1点目は、Chromebookでシングルサインオンを実現する「ISGC Agent ChromeOS版」の搭載。

従来、Chromebookで同サービスを利用する場合、起動時に「ユーザー名」と「パスワード」を入力する必要があったが、「ISGC Agent ChromeOS版」の搭載で、シングルサインオンを実現し、児童・生徒が認証操作の負担なくインターネットにアクセスできるようになる。

これにより、文科省推奨の3OS(Windows/iOS/ChromeOS)全てでシングルサインオンできるようになった。

アップデートの2点目は、児童・生徒のインストール設定が不要な「Microsoft Intune for Education」への対応。

学校向けクラウドベースのモバイルデバイス管理(MDM)サービス「Microsoft Intune for Education」を利用して、端末にエージェントアプリを配付できるようになる。

これにより、インストールから利用開始(サーバー側へのユーザー登録)まで全てシームレスな実施が可能となり、児童・生徒が設定作業をすることなく安全なインターネット環境が実現する。

3点目は、YouTubeの文科省チャンネルだけ視聴許可など、安全な学習環境を提供する3つの新機能の搭載。

YouTubeで、文科省が提供するチャンネルの動画だけ視聴を許可する機能、検索結果の不適切な画像表示を強制ブロックする「セーフサーチロック」、クラウドサービスの個人アカウント利用を防止、シャドーIT対策を実現する「HTTPヘッダ制御」、の3つの機能を新たに搭載。

GIGAスクール構想で進むYouTubeやクラウド型学習アプリなどオンラインコンテンツの安全活用を支援する。

同社では、GIGAスクール構想での安全な学習環境実現を支援する「特別キャンペーン」を実施。「InterSafeGatewayConnection」を、GIGAスクール構想向けの特別価格で販売している。

関連URL

「InterSafe GatewayConnection」

特別キャンペーン

ALSI

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス