1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アライドテレシス、GIGAスクール向け10Gネットワーク構築のファームウェア

2020年7月1日

アライドテレシス、GIGAスクール向け10Gネットワーク構築のファームウェア

アライドテレシスは6月30日、スイッチ・ルーター製品のファームウェア「AlliedWare Plus(AW+)」をバージョンアップし、新ファームウェア「AW+ Ver.5.5.0-0.3」のホームページからのダウンロードサービスを開始した。

今回のバージョンアップでは、GIGAスクール構想にも必要となる10Gネットワークを実現を可能とする新製品のSFP+モジュールをサポートするほか、災害時において、被災者への通信インフラの確保を可能にする緊急モード機能の搭載や、他社デバイスの統合管理機能の強化など、スイッチ・ルーター製品の機能拡張を行った。

文部科学省から発表されたGIGAスクール構想では、児童生徒1人1台端末の利用を実現する高速大容量通信が可能なネットワークとして、10Gネットワークが求められている。これまで伝送距離が30mを超える10Gネットワークの構築には光ファイバーでの接続のみが可能だったが、今回のバージョンアップから、カテゴリー6A以上のLANケーブルにおいて伝送距離100mの10Gネットワークを実現するSFP+モジュール「AT-SP10Ta」をサポートする。これにより、10Gネットワークの構築・導入が容易になることが期待される。

関連URL

アライドテレシス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス