1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. インプレス、子どもだけでも読める「スクラッチ入門書」13日発売

2020年7月13日

インプレス、子どもだけでも読める「スクラッチ入門書」13日発売

インプレスは、最初の設定を保護者が行えば後は子どもだけでも読み進められるプログラミング入門書「できるキッズ スクラッチでゲームをつくろう! 楽しく学べるプログラミング」を、13日に発売する。

同書は、家族で遊べるゲームを作ったり、改造したりしながらプログラミングに必要な考え方が自然と身に付けられる。

著者は、インターネットを利用した通信制高校「N高」の現役高校生で、同校のプログラミング教室で講師も務める三橋優希(みはし ゆうき)氏。

スクラッチで子どもが夢中になるポイントをおさえつつ、プログラミングの初歩がやさしく学べる3つのゲームの作り方を解説している。

また、レッスンごとにダウンロードして使えるサンプルファイルが用意されており、途中で分からなくなっても続けて取り組める。紙面にはユーキ先生、2人の生徒が登場して会話しながら楽しくプログラミングを進めていく。

スクラッチの画面はすべて平仮名・片仮名の表示に変更し、子ども向けの箇所は本文、操作手順にすべてルビが振ってある。難しい用語は使わず、子どもにも分かりやすい言葉で表現。プログラムの長さも短めとして、子どもが内容を把握できる分量にしてある。

スクラッチだけでなく、マウスやキーボードの操作方法、ローマ字入力表などの付録もある。スクラッチでプログラミングをしながら、パソコンの基本的な操作も学べる。スクラッチの設定などは大人向けのページにまとめてあり、安心して子どもにパソコンを使わせることができる。

定価は本体1800円+税(192ページ)で、電子版は1800円+税(同社直販価格)。

関連URL

書籍の詳細

インプレス

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス