1. トップ
  2. データ・資料
  3. 21卒の就活、オンラインでの活動が急速に拡大 =学情調べ=

2020年8月3日

21卒の就活、オンラインでの活動が急速に拡大 =学情調べ=

学情は、2021年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生942人を対象に実施した「新型コロナウイルスによる就職活動への影響」に関するインターネットアンケートの調査結果をまとめ、7月31日に発表した。


それによると、新型コロナによる就職活動の影響は、「説明会がWebになった」が最多で63.6%、次いで「説明会が中止になった」56.1%、「選考がWebになった」55.0%、「選考が延期になった」53.3%と続いた。

「特に影響はなかった」の回答は6.1%にとどまり、大多数の学生は、新型コロナで、就職活動に何らかの影響があったと感じている。

説明会や選考のオンライン化が進むとともに、一部の説明会や選考が中止または延期になるなど、就職活動のスケジュールに影響を与えたことが分かる。

Web説明会やWeb選考に参加した感想では、Web説明会・Web選考ともに「交通費の節約になった」が80%以上で最多。次いで「日程調整がしやすい」(55%以上)、「遠方の企業でも参加しやすい」(50%以上)と続いた。

「社内の様子が分からず、働くイメージが掴みにくい」、「面接官からどう思われているかが掴みにくい」などの課題もあるものの、時間や場所を選ばずに、説明会や選考に参加できることを好意的に受け止めている学生が多い。

新型コロナは、内々定者のフォローにも影響をもたらしている。企業による内々定学生へのフォローでは、「懇親会」の実施が一般的となっているが、今年は「懇親会」でのフォローが大きく減少。

企業から内々定先者へのフォローとして、「懇親会」を挙げた学生は37.9%で、昨年同時期(60.8%)を、22.9ポイント下回る結果となった。

「人事担当との面談」(33.7%)や「先輩社員との面談」(23・5%)は、昨年よりも増加しており、複数人が同じ会場に集まる「懇親会」よりも、個別対応に力を入れる企業が増加しているのが分かる。

また、「誓約書の提出を求められた」(30・4%)、「就職活動の終了を依頼された」(9・9%)もわずかに増加傾向。

新型コロナで、採用活動スケジュールが後ろ倒しになったことや、景気の先行き不透明感から、採用予定人数を大きく上回る人数での内々定出しを控える企業が増えており、内々定を出した学生に、確実に入社して欲しいと考える企業側の希望が伺える。

この調査は、「あさがくナビ2021」登録会員を対象に、6月22日~30日にかけて、「あさがくナビ2021」トップページとメールマガジンでアンケート回答を依頼する形で実施。有効回答数は942人。

関連URL

調査結果の詳細

「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」

学情

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス