1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 埼玉県飯能市、公立小中の全児童・生徒にタブレット端末5550台を導入

2020年8月28日

埼玉県飯能市、公立小中の全児童・生徒にタブレット端末5550台を導入

埼玉県飯能市は、市内全ての公立小・中学校の全児童・生徒に1人1台のLTE対応タブレット端末(合計5550台)を導入し、9月1日から「学びの改革」への挑戦を始める。

奥武蔵創造学園 奥武蔵小・ 中学校タブレット端末学習イメージ

今回の導入で、同市が目指す「学びの改革」にとって重要なICT環境が整備され、同市GIGAスクール構想がスタートすると同時に、新型コロナによる休校などに備える。

市内の全児童・生徒1人に1台のLTE対応タブレット端末を導入するのは、埼玉県内では同市が最速。

また、昨年度同市に開校した奥武蔵創造学園「奥武蔵小・中学校」ではすでに、全ての児童生徒にLTE対応タブレット端末を導入。

新型コロナによる臨時休業期間中も、LTE対応タブレット端末のTV会議システムを活用して遠隔授業を実施し、通常授業に近い形で学習を進めることができた。

今後は、市内全ての公立小・中学校で「配付」していたプリント教材や家庭への配付物を「配信」したり、緊急連絡などの連絡事項をLTE対応タブレット端末を通じて実施したり、教職員間の会議をペーパーレス化するなど、活用の幅を広げていく。

同がGIGAスクール構想で目指す「学びの改革」では、タブレット端末をコミュニケーションツールとして、個々の考えをペアやグループ、学級全体で共有する創造的、探究的、協同的な学びで、問題解決能力やコミュニケーション能力を育成する。

また、タブレット端末をノートや鉛筆のように使いこなし、場所を選ばず情報を入手、活用できる力を育成。

さらに、全ての学級でリモート授業を行える環境をつくり、新型コロナによる休校など、予測不能な事態に備える。

関連URL

「飯能市GIGAスクール構想」

飯能市

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス