1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. DIVE INTO CODE、セネガル共和国のオンライン公立大生4万人に講座提供

2020年9月8日

DIVE INTO CODE、セネガル共和国のオンライン公立大生4万人に講座提供

DIVE INTO CODEは7日、アフリカ大陸のセネガル共和国にある仮想大学「UNIVERSITE VERTUELLE SENEGAL(UVS:ダカール州)と協定を締結し、4万人のバーチャル受講生にWebエンジニアコースと機械学習エンジニアコースのフランス語版講座を提供すると発表した。

アフリカで最初の仮想大学「UVS」は、セネガル共和国大統領が発令した2013年9月23日付の政令によって誕生した、初のオンライン公立大学。受講生は4万人おり、コンピュータサイエンスを学ぶ学生が1000人以上在籍している。

今回のMoU(Memorandum of Understanding:基本合意書)の締結で、UVSの学生は、DIVE INTO CODEが提供する2つのコースを受講ができるようになる。

まず、「Webエンジニアコース」は、プログラミングの基礎を学んだ上で、Webアプリケーションを開発し、現場で使われるツールや開発サイクルを経験できるコース。

多くのWebサービスに利用されている「Ruby on Rails」を使用したオリジナルアプリケーションを開発する。同講座は現在、新型コロナの影響で、全てオンラインで受講。

また、「機械学習エンジニアコース」は、4カ月で自立自走できる機械学習エンジニアになることを目的としたコースで、実務から逆算した本当に必要なスキルを学べる。

なお、「Webエンジニアコース」は、2019年4月にクラウドファンディング経由で調達をした541万8000円を元に英語への完全翻訳対応が完了しており、母国語がフランス語のセネガル人の卒業生を輩出した実績もある。

同社はこれまでも、アフリカ諸国での事業展開を進めており、ベナン共和国の起業家育成機関「Africa Samurai Consulting」、セネガル共和国の教育機関「IACD-Barack OBAMA」との協働合意書を締結してきたが、公立大学との提携は今回が創業以来初。

関連URL

UVS

DIVE INTO CODE

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス