1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. DIVE INTO CODE、セネガル共和国のオンライン公立大生4万人に講座提供

2020年9月8日

DIVE INTO CODE、セネガル共和国のオンライン公立大生4万人に講座提供

DIVE INTO CODEは7日、アフリカ大陸のセネガル共和国にある仮想大学「UNIVERSITE VERTUELLE SENEGAL(UVS:ダカール州)と協定を締結し、4万人のバーチャル受講生にWebエンジニアコースと機械学習エンジニアコースのフランス語版講座を提供すると発表した。

アフリカで最初の仮想大学「UVS」は、セネガル共和国大統領が発令した2013年9月23日付の政令によって誕生した、初のオンライン公立大学。受講生は4万人おり、コンピュータサイエンスを学ぶ学生が1000人以上在籍している。

今回のMoU(Memorandum of Understanding:基本合意書)の締結で、UVSの学生は、DIVE INTO CODEが提供する2つのコースを受講ができるようになる。

まず、「Webエンジニアコース」は、プログラミングの基礎を学んだ上で、Webアプリケーションを開発し、現場で使われるツールや開発サイクルを経験できるコース。

多くのWebサービスに利用されている「Ruby on Rails」を使用したオリジナルアプリケーションを開発する。同講座は現在、新型コロナの影響で、全てオンラインで受講。

また、「機械学習エンジニアコース」は、4カ月で自立自走できる機械学習エンジニアになることを目的としたコースで、実務から逆算した本当に必要なスキルを学べる。

なお、「Webエンジニアコース」は、2019年4月にクラウドファンディング経由で調達をした541万8000円を元に英語への完全翻訳対応が完了しており、母国語がフランス語のセネガル人の卒業生を輩出した実績もある。

同社はこれまでも、アフリカ諸国での事業展開を進めており、ベナン共和国の起業家育成機関「Africa Samurai Consulting」、セネガル共和国の教育機関「IACD-Barack OBAMA」との協働合意書を締結してきたが、公立大学との提携は今回が創業以来初。

関連URL

UVS

DIVE INTO CODE

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス