1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラミング教育、約9割の家庭が「実施していない」と回答 =ネクストビート調べ=

2020年9月15日

プログラミング教育、約9割の家庭が「実施していない」と回答 =ネクストビート調べ=

ネクストビートは14日、子育て世帯の親76人を対象に実施した「家庭でのプログラミング教育に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、子育て世帯の約9割が、家庭でのプログラミング教育を「実施していない」(46.1%)、「必要性は感じているが実施していない」(43.4%)と回答した一方で、約1割(7.9%)が「実施している」と回答。

また、その他の回答として、「無料のプログラミング講座のイベントには何度か参加したことがある」、「(子どもが)まだ1歳なので実施していないが、何かしらの形で取り組ませたいとは思っている」との声もあった。

プログラミング教育を「実施していない」「必要性は感じているが実施していない」と回答した親に、その理由を聞いたところ、「プログラミング教室が思ったより高価で、もう少し大きくなってからでもいいかもしれないと躊躇している」(子どもの年齢4歳)や、「興味はあるが、いつから実施すればいいか分からない」(同0歳)などの声があがった。

一方、プログラミング教育を「実施している」と回答した家庭では、3歳と7~10歳から開始している家庭が最も多く、次いで0歳、5歳から実施。乳幼児からプログラミング教育を行っている家庭もあった。

「プログラミング教育はなぜ必要だと感じるのか?」と尋ねたところ、「構造的に物事を捉えることができるようになるから」(同10歳以上)、「論理的思考力を身につけるとともに、AIネイティブ世代となる子どもたちには、プログラミングに早い段階で触れることで、苦手意識などを持たず、将来、幅広い分野での活躍の可能性を与えることが出来ると思うから。」(同4歳)などの回答があった。

「家庭でのプログラミング教育をどのような形で実施しているか?」との質問では、「教材などを使用した家庭学習をしている」との回答が最多で、次いで「塾やスクールに通っている」だった。

今回の調査で、プログラミング教育を実施している家庭にその理由を聞いたところ、最も多い回答は「論理的思考力を身につけるため」だった。

また、「AIネイティブ世代となる子どもたちには、プログラミングに早い段階で触れることで、苦手意識などを持たず、将来、幅広い分野での活躍の可能性を与えることが出来る」などの声も。

これまでより一層、プログラミング教育の重要性を感じている保護者も多いことが分かった。

この調査は、子育て情報メディア「KIDSNA」のサイト来訪者・SNS閲覧者を対象に、8月7日~14日にかけて、インターネットで実施。有効回答数は76人。

関連URL

調査結果の詳細

ネクストビート

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス