1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「paizaラーニング学校フリーパス」、ユーザー数250校・2万8500人に到達

2020年9月16日

「paizaラーニング学校フリーパス」、ユーザー数250校・2万8500人に到達

paizaは15日、同社が昨年8月から学校向けに無料提供している「paizaラーニング学校フリーパス」のユーザー数が、9月時点で250校・2万8527人に達したと発表した。

「paizaラーニング学校フリーパス」は、小・中・高・大学・専門学校を対象に、初学者向け動画プログラミング学習サービス「paizaラーニング」(月額980円:税抜)の160レッスン、1278学習動画をすべて無料で提供。

学校を通した申し込みであれば、すべての生徒・学生は無料で「paizaラーニング」の全サービスを利用できる。

PCとブラウザがあれば、PC環境の差異にかかわらず環境構築不要で即サービスを利用できる。

「paizaラーニング」では、2020年4月現在、Java、PHP、Python、Ruby、JavaScriptなどの主要言語を学ぶ「言語仕様」、「Webアプリ開発」、「ロジック力」、「周辺知識」の4分野で、全160レッスン、1278の学習動画、約1500の演習課題が利用できる。

さらに、毎月25個程度の動画コンテンツ、もしくは30個程度の演習課題を追加。これらの豊富な教材を活用することで、指導レベルを一定水準に保つことができる。

すべての学習動画は、1本3分程度で視聴しやすく、さらに動画の解説をプロの声優が担当したり、学習の進捗状況をRPG形式で表示したりするなど、「楽しく学べる」工夫をしている。

自宅での取り組みやすさから、「反転学習」に活用して、生徒同士で教え合う授業を実現することもできる。

関連URL

「paizaラーニング学校フリーパス」詳細・申込み(学校・教員向け)

Paiza

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス