1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ニーヴ、大学入試の「試験会場シェアリング推進プロジェクト」を開始

2020年9月25日

ニーヴ、大学入試の「試験会場シェアリング推進プロジェクト」を開始

NieV(ニーヴ)は24日、大学入試会場のソーシャルディスタンス確保、移動による感染リスク排除を目的に、受験生に安心・安全な試験会場を提供できるようにする「入試会場シェアリング推進プロジェクト」を開始した。

このプロジェクトの目的は、入試会場での、受験生の新型コロナの感染不安を可能な限り排除し、思う存分、学びの成果を発揮してもらうこと。

「受験生が密集して試験をする」、「遠方であっても、志望校に受験をしに行く」など、これまで当たり前だった受験環境や入試会場への移動について、不安を抱えている受験生の問題を解決し、受験生の挑戦を応援する。

趣旨に賛同した大学、専門学校、企業の遊休施設を試験会場として貸出提供してもらうことで、「会場でのソーシャルディスタンスを確実に確保する」「臨時地方会場の設置で、受験生の移動による感染リスク対策を講じる」「日本全体が一致団結して受験生の挑戦を支援する」ことを実現していく。

プロジェクトの今後の活動

■賛同団体の募集:9月24日(木)~12月18日(金)15時:00まで
■入試会場を探している団体向け「無料個別オンライン相談会」:9月24日以降、随時開催
■入試会場提供団体と会場を探している団体のマッチング:9月24日以降、随時実施
■コロナ対策ガイドラインに基づいた試験実施:9月24日以降、随時実施
■AI体温検知、消毒・抗菌作業デモンストレーション:10月中旬~11月初旬、首都圏専門学校で実施予定

関連URL

「入試会場シェアリング推進プロジェクト」

NieV(ニーヴ)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス