1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ナガセ、「⾼校⽣のためのサイエンスセミナー」25日に初のオンライン開催

2020年9月25日

ナガセ、「⾼校⽣のためのサイエンスセミナー」25日に初のオンライン開催

ナガセは、フロンティアサロン財団から「フロンティアサロン永瀬賞」を受賞した研究者による、⾼校⽣への特別講義「サイエンスセミナー」を、9月25日17:00〜19:30にオンラインで実施する。

また、このセミナーは後⽇、東進オンライン⾼校(受講料無料)で、全国の⾼校⽣に公開する予定。

2019年サイエンスセミナーの様子

フロンティアサロン財団は、2010年に⽇本の未来を拓く若⼿研究者を⽀援するために設⽴され、2013年に⼀般財団法⼈として認定。若⼿研究者による講演を実施し、講演者の中から毎年、永瀬賞受賞者を選出している。

永瀬賞は、「将来のノーベル賞候補」を発掘することを⽬指し、社会に⼤きく貢献する科学技術の分野で、新しい発想で新分野を開拓する若⼿研究者に贈られる賞。

将来にわたって未知の領域を切り開き、その成果が多くの⼈々に恩恵をもたらすと期待される若手研究者に贈呈しており、最優秀賞には 2000万円、特別賞には1000万円が副賞として受賞者個⼈に贈られる。

この永瀬賞の受賞者が、⾼校⽣に特別講義を⾏う「サイエンスセミナー」は、毎年9⽉に開催。例年、帝国ホテル(東京)で約1000人の⾼校⽣を集める⼤規模な講義だが、今年は新 型コロナの影響から、初のオンライン開催となる。

開催概要

開催日時:9⽉25⽇(⾦)17:00〜19:30
開催方法:オンラインで配信
講演者:
①永瀬賞「最優秀賞」三浦恭⼦氏(熊本⼤学⼤学院⽣命科学研究部⽼化・健康⻑寿学講座、 ⼤学院先導機構准教授):「⽼いない!? 癌にならない!? ハダカデバネズミの不思議」
②永瀬賞「特別賞」加藤英明氏(東京⼤学⼤学院総合⽂化研究科先進科学研究機構准教授):「タンパク質を視る・識る・創る~脳の仕組みを知るためのツールを創る~」
対象:⾼3⽣・⾼2⽣・⾼1⽣(東進・早稲⽥塾在籍⽣)、⼀般に向けには「東進オンライン⾼等学校」で後⽇配信

一般向け配信サイト

関連URL

ナガセ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス