1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 22年卒学生、「内定獲得」に自信を持っているのは15.9%だけ =学情調べ=

2020年10月2日

22年卒学生、「内定獲得」に自信を持っているのは15.9%だけ =学情調べ=

学情は1日、2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生809人を対象に実施した「就職活動への自信に関するインターネットアンケート」の結果をまとめ発表した。


それによると、就活での「内定獲得」の自信の程度について聞いたところ、「とても自信がある」が2.6%、「それなりに自信がある」が13.3%で、「内定獲得」に自信を持っている学生は15.9%だけだった。

自信を持てている理由については、「周りと比べ就活の準備ができている」が最多で45.5%。次いで「就活に有利な学校・学部に在籍していると思うから」が32.7%。

「周囲と比べて就活を有利に進めることができそう」という感触を得ている学生は、内定獲得に自信を持っていることが伺える。

一方、「あまり自信がない」「全く自信がない」の回答は60.0%に上り、多くの学生が「内定獲得」に自信を持てていないことが分かった。

自信を持てていない理由は、「新型コロナの影響で、採用人数を減らす企業が増えそうだから」が最多で59.1%。次いで「就職環境が厳しいと思うから」が47.6%で、新型コロナの影響で、採用・就職環境が変化していることを不安視している学生が多い結果となった。

インターンシップや就活で、現時点で不安なことを尋ねたところ、「内定が得られるか」が64.3%(昨対比6.4ポイント増)で最多。次いで「希望する企業に就職できるか」が57.5%(昨対比1.6ポイント減)と続いた。

「新型コロナの影響で、就活が不利にならないか」は23.6%となっており、約4分の1の学生は「新型コロナの影響で、就活環境が変化していること」に不安を感じていた。

昨年と比較し、回答が大幅に減った項目は、「就活にお金がかかる」で、12.5ポイント減少。新型コロナの影響で、多くの企業がWeb面接を導入し、収束後も採用活動でのオンライン対応は、一定程度定着すると考えられている。

説明会や選考をオンラインで実施する企業が増加したことで、就活での金銭負担に不安を感じる学生はやや減少傾向にある。

また、内定を得たい時期は、「ゴールデンウイーク前後まで(2021年5月頃)」が29.0%で最多。次いで「4年生の夏休みが終わるまで」21.8%と続いた。

「4年生になるまで」や「ゴールデンウイーク前後まで」「4年生の前期試験が始まるまで」などの回答は、昨年同時期より減少する一方、「4年生の夏休みが終わるまで」「2021年12月末まで」の回答は増加しており、「内定を獲得したい時期」は昨年よりも後ろ倒しになっている。

この調査は、「あさがくナビ2022」(通年採用対応ジョブ型インターンシップサイト)へのサイト来訪者を対象に、8月19日~31日にかけて、「あさがくナビ2022」トップページとメルマガでアンケート回答を依頼する形で実施。有効回答数は809人。

関連URL

調査結果の詳細

「あさがくナビ」

学情

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス