1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 筑波大学発ベンチャーOnikle、「つくばSociety 5.0 社会実装トライアル」に採択

2020年10月8日

筑波大学発ベンチャーOnikle、「つくばSociety 5.0 社会実装トライアル」に採択

筑波大学発ベンチャーのOnikle(オニクル)は7日、同社が提案した「科学をスマートに。プレプリントプラットフォームOnikle」が、2020年度つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業の最終審査に採択されたと発表した。

つくば市では、同支援事業として、2017年度から、革新的な技術やアイディアで社会課題を解決する、Society 5.0の社会実装に向けたトライアル(実証実験)を全国から公募し、優れた提案を全面的にサポートしている。

「Society 5.0」とは、 IoT(Internet of Things)、ロボット、人工知能(AI)、ビッグデータなどの新たな技術を、あらゆる産業や社会生活に取り入れてイノベーションを創出し、一人ひとりのニーズに合わせる形で社会的課題を解決する新たな社会のこと。

同社のプレプリントプラットフォーム「Onikle」では、論文をより詳細にカテゴライズする独自のAIを開発。これにより、ユーザーは論文を検索する手間を省き、リアルタイムで最適な論文をリコメンドによって取得することができる。

また、同領域の他研究者との情報の非対称性をなくすため、瞬時にトレンドにキャッチアップできるようにするトレンドレポートの提供も行っている。

関連URL

「つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業」

Onikle

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス