1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「プラスチック汚染問題」の映画&パネルディスカッションを24日に無料配信

2020年10月9日

「プラスチック汚染問題」の映画&パネルディスカッションを24日に無料配信

米ニューヨーク市を拠点とする非営利の環境教育団体「Cafeteria Culture(カフェテリア・カルチャー)」は、プラスチック汚染問題を取り上げたドキュメンタリー映画と有識者らによるパネルディスカッションの無料ライブ配信を、10月24日に実施する。

配信する映画は、世界の29の映画祭に選定され6つの賞を受賞したドキュメンタリー映画、「マイクロプラスチック・ストーリー ぼくらが作る2050年」(原題・Microplastic Madness)。2019年アメリカ制作で、76分・カラー、英語+日本語版字幕。

ニューヨーク・ブルックリンの小学5年生たちが、世界的に大きなプラスチック汚染問題を学び、彼らの視点でこの問題の根幹が何かを問いただし、解決に向かって自分たちのコミュニティーからアクションを広げて行くまでの2年間を追った長編ドキュメンタリー。

映画では、子供たちの素朴な疑問を丁寧に重ねていきながら、専門家がそれに答えていく。アニメーションをふんだんに使って、プラスチック汚染問題を子どもから大人まで分かりやすく解き明かす。

上映後には、同映画の共同監督でもある佐竹敦子氏と、環境活動家・プロダイバーの武本匡弘氏、NPO法人「海の自然史研究所」代表理事の今宮則子氏の3人が、「プラスチック汚染と気候変動、海に教わる私たちのアクション」と題したパネルディスカッションを行う。

カフェテリア・カルチャーは、米ニューヨーク市内での環境教育活動と政策提言活動、環境教育コンテンツの制作などに取り組んでおり、同映画のプロデュースもしている。

開催概要

開催日時:10月24日(土)
・19:15~20:25「マイクロプラスチック・ストーリー」上映ライブ配信
・20:30~21:40「パネルディスカッション」と質疑応答(ZOOM&YouTube)

詳細・申込

関連URL

「マイクロプラスチック・ストーリー」の日本語案内ページ

カフェテリア・カルチャー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス