1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. Code for Japan、「学生向け開発コンテスト」のファイナリスト10組を選出

2020年10月12日

Code for Japan、「学生向け開発コンテスト」のファイナリスト10組を選出

Code for Japan(コード・フォー・ジャパン)は9日、学生向け開発コンテスト「Civictech Challenge Cup U-22」(CCC U-22)のファイナリストチーム10組を選出した発表した。

同コンテストでは、8月に募集した参加者105人が、夏休み期間を活用してチームでプロトタイプ作品を開発して提出。1次審査の結果、今回、ファイナリスト10組が選ばれた。

同コンテストは、旭川の高専生の社会課題に関する意識がきっかけとなり、それに賛同した東京・関西・北海道・新潟の有志学生がコントリビュートする形で企画・運営している。

エントリーした学生がチームを組成し、社会課題を解決するアイディアを考え、実際にその解決に向けたサービスのプロトタイプを開発する実践的な開発コンテスト。

優秀な成果を収めた学生の開発チームは、ファイナリストとして最終審査会でプレゼンテーションを実施。国内外の大手IT企業の会社名やサービス名を冠した賞や、大会側から大賞が授与される。

今年は中学生・高校生・高専生・大学生のチームがそれぞれファイナリストに選出された。

チームは、元々同じ学校の同級生や出身校が同じ同窓生といった、開催前から面識があったチームだけでなく、同コンテストにエントリー後にスキルや関心がある社会課題テーマごとにグループを結成した、オンライン交流だけでコミュニケーションをとっている遠隔チームも参加。

実際に提出されたプロトタイプは、新型コロナ疲れを解消するためのリフレッシュサポートツール、地方自治体向けのシステム提案、フェイクニュース対策、発達障がいや聴覚がい者をユーザーに想定したものなど様々。

「社会課題」を実際に自分が当事者として感じているような身近な困りごとから時事問題について考え、社会全体の状況に対する提案まで、ミクロ・マクロ両方の視点でアプローしたチームがファイナリストになった。

また、WEBサイトやアプリの開発だけでなく、IoTを活用した測定ツールやSNSプラットフォーム上で使えるbotなど、幅広い形式での作品が集まった。

開発するだけでなく、開発したプロトタイプを多くの人に使ってもらうかを考え、コンセプトにあったサービスを選んでいるのも、ファイナリスト作品の特徴のひとつ。

同コンテストは、10月25日14:00~16:30に「最終審査会」をオンラインで開催予定。視聴は「YouTubeLive」で、有料チケットが必要。
(チケット登録者宛に当日までにアナウンス)

「最終審査会」のイベントページ

関連URL

「CCC U-22」

コード・フォー・ジャパン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 導入説明会を無償提供
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 BYOD予備機にも最適! 早割キャンペーン 詳しくはクリック! lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス