1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. CCC、中高生から20代の若者と政治・社会をつなぐ「学校総選挙プロジェクト」ローンチ

2020年10月19日

CCC、中高生から20代の若者と政治・社会をつなぐ「学校総選挙プロジェクト」ローンチ

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループのCCCマーケティングとTポイント・ジャパンは18日、これからの未来を担う中高生から20代の若者世代と政治・社会をつなぐソーシャルプロジェクト「学校総選挙プロジェクト」のローンチ説明会を会場とオンラインで実施した。

左から、 CCCマーケティング・石井氏、 辻氏、小笠原さん、姫野さん、林准教授

「学校総選挙プロジェクト」は、 CCCの創業意図「若者に新しい生活スタイルの情報を提供する拠点を提供していく」をアイデンティティに、 これからの未来を担う若者が、 これからの未来を生きていく糧となる新たな発見や考え方を共創していく「場」。 中高生から20代の若者世代が、 政治や社会を自分ごと化する機会を創り、 問いを設定して議論を深め、 競争の激しい国際社会の中でも自分らしさを持ちながら、多様性を受け入れていくソーシャルプロジェクトを目指している。

説明会では、arca CEO /クリエイティブディレクター 辻愛沙子氏、 浦和大学社会学部准林大介教授、そして高校3年生の小笠原萌さん(18歳)と姫野美柚さん(17歳)が登壇、若者の政治意識や社会との関わり方についてディスカッションした。

イベント冒頭CCCマーケティングの石井大樹氏は、 「10~20代の若者の社会参加の機会が少ないといわれる一方で、アンケート調査の結果では10~20代も30代以上と比較して政治への興味関心は遜色ないという事がわかっている。そんな若い世代の方々が、このプロジェクトを通して、社会課題に向き合い、意思表示して同世代と対話することで、社会へ発信していくことができればと思っています。Tポイントとしても、これまで多くの方にご利用いただいているお得・便利な‟共通ポイント“として価値提供を続けてきましたが、それに加え本プロジェクトを通じて、若い世代と社会のつながりを生み出し、好きや親しみを感じてもらえればと思います」と本プロジェクトの背景と目的について説明した。

「学校総選挙プロジェクト」では現在、「あなたが今期待する政党は?」と「大阪都構想」(関西限定)を実施してる。

関連URL

学校総選挙プロジェクト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス