1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「Shimabara Challenge Cup2020」、長崎・島原市No.1小学生プログラマー決定

2020年10月27日

「Shimabara Challenge Cup2020」、長崎・島原市No.1小学生プログラマー決定

CA Tech Kids(シーエーテックキッズ)は26日、同社が主催する全国No.1小学生プログラマーを決めるコンテスト「Tech Kids Grand Prix 2020(テックキッズグランプリ)」が連携する「Shimabara Challenge Cup 2020(シマバラチャレンジカップ2020)~島原元気ッズプログラミングコンテスト~」が発表した表彰結果を公表した。

「Shimabara Challenge Cup」は、長崎県島原市が主催する、同市在住の小学生を対象としたプログラミングコンテスト。

島原市とCA Tech Kidsは、2016年からプログラミング教育実践に向けた共同検討を開始。現地での小学生向けワークショップの開催や、同市職員を同社へ招き1週間ほどの実践研修を毎年行うなど、2020年度のプログラミング教育必修化に向けて共に取り組んできた。

そうした中、同市が主催するプログラミングコンテストを初開催し、同社主催の「Tech Kids Grand Prix 2020」が運営をサポート。

7月1日~8月31日までの作品募集期間には、2017年から島原半島を中心に展開する小学生向けプログラミングスクール「島原城下プログラミングスクール」が、コンテストへの応募を希望する初心者の子どもを対象とした計4回の特別講座を開催。

東京の大手IT企業のプログラマー講師がオンラインでアドバイスをする機会を設けるなどし、全38件の作品が集まった。

審査の結果、1~3位および市長賞、教育長賞の5人が決定。今月25日に島原市役所で表彰式が行われた。

関連URL

「Shimabara Challenge Cup」受賞作品

「Tech Kids Grand Prix 2020」

CA Tech Kids

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • gradescope 「学習評価について知っておくべきこと」 今、求められる学習評価とは? 無料eBookダウンロード
  • オンライン受検実施 AI検定 公開試験日 2021年8月1日(日) 情報処理能力認定委員会 サーティファイ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス