1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「Shimabara Challenge Cup2020」、長崎・島原市No.1小学生プログラマー決定

2020年10月27日

「Shimabara Challenge Cup2020」、長崎・島原市No.1小学生プログラマー決定

CA Tech Kids(シーエーテックキッズ)は26日、同社が主催する全国No.1小学生プログラマーを決めるコンテスト「Tech Kids Grand Prix 2020(テックキッズグランプリ)」が連携する「Shimabara Challenge Cup 2020(シマバラチャレンジカップ2020)~島原元気ッズプログラミングコンテスト~」が発表した表彰結果を公表した。

「Shimabara Challenge Cup」は、長崎県島原市が主催する、同市在住の小学生を対象としたプログラミングコンテスト。

島原市とCA Tech Kidsは、2016年からプログラミング教育実践に向けた共同検討を開始。現地での小学生向けワークショップの開催や、同市職員を同社へ招き1週間ほどの実践研修を毎年行うなど、2020年度のプログラミング教育必修化に向けて共に取り組んできた。

そうした中、同市が主催するプログラミングコンテストを初開催し、同社主催の「Tech Kids Grand Prix 2020」が運営をサポート。

7月1日~8月31日までの作品募集期間には、2017年から島原半島を中心に展開する小学生向けプログラミングスクール「島原城下プログラミングスクール」が、コンテストへの応募を希望する初心者の子どもを対象とした計4回の特別講座を開催。

東京の大手IT企業のプログラマー講師がオンラインでアドバイスをする機会を設けるなどし、全38件の作品が集まった。

審査の結果、1~3位および市長賞、教育長賞の5人が決定。今月25日に島原市役所で表彰式が行われた。

関連URL

「Shimabara Challenge Cup」受賞作品

「Tech Kids Grand Prix 2020」

CA Tech Kids

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス