1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「Shimabara Challenge Cup2020」、長崎・島原市No.1小学生プログラマー決定

2020年10月27日

「Shimabara Challenge Cup2020」、長崎・島原市No.1小学生プログラマー決定

CA Tech Kids(シーエーテックキッズ)は26日、同社が主催する全国No.1小学生プログラマーを決めるコンテスト「Tech Kids Grand Prix 2020(テックキッズグランプリ)」が連携する「Shimabara Challenge Cup 2020(シマバラチャレンジカップ2020)~島原元気ッズプログラミングコンテスト~」が発表した表彰結果を公表した。

「Shimabara Challenge Cup」は、長崎県島原市が主催する、同市在住の小学生を対象としたプログラミングコンテスト。

島原市とCA Tech Kidsは、2016年からプログラミング教育実践に向けた共同検討を開始。現地での小学生向けワークショップの開催や、同市職員を同社へ招き1週間ほどの実践研修を毎年行うなど、2020年度のプログラミング教育必修化に向けて共に取り組んできた。

そうした中、同市が主催するプログラミングコンテストを初開催し、同社主催の「Tech Kids Grand Prix 2020」が運営をサポート。

7月1日~8月31日までの作品募集期間には、2017年から島原半島を中心に展開する小学生向けプログラミングスクール「島原城下プログラミングスクール」が、コンテストへの応募を希望する初心者の子どもを対象とした計4回の特別講座を開催。

東京の大手IT企業のプログラマー講師がオンラインでアドバイスをする機会を設けるなどし、全38件の作品が集まった。

審査の結果、1~3位および市長賞、教育長賞の5人が決定。今月25日に島原市役所で表彰式が行われた。

関連URL

「Shimabara Challenge Cup」受賞作品

「Tech Kids Grand Prix 2020」

CA Tech Kids

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス