1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 「第5回全国小中学生プログラミング大会 最終審査会」2月28日にオンライン開催

2020年10月28日

「第5回全国小中学生プログラミング大会 最終審査会」2月28日にオンライン開催

全国小中学生プログラミング大会実行委員会は27日、「第5回全国小中学生プログラミング大会」の最終審査会および表彰式を、2月28日にオンラインで開催すると発表した。

同大会は、小中学生を対象としたプログラミングコンテストで、応募期間は7月1日から11月3日まで。その後の審査で入賞作品を選定し、2月28日に開催する最終審査会で入賞者が作品をプレゼンテーション、審査員がグランプリほか各賞を決定・発表する。

最終審査会はこれまで東京都内の会場で開催してきたが、新型コロナウイルス感染症の流行により、オンラインでの開催とした。これまで同様に、審査員が「発想力」「表現力」「技術力」を基準に作品の審査を行う。

今年度から、全国各地の子供向けプログラミングコンテストが「エリアパートナー」となり、同大会との連携による全国規模のネットワークの構築を目指す。すでに5つのプログラミングコンテストが連携した。

全国小中学生プログラミング大会概要

募集内容:PC・スマートフォン・タブレットで動作するプログラムや、アプリ・ゲーム・ムービーなどのソフトウェア、ロボット・電子工作などのハードウェア。
使用言語や作品の形式は問わない。ただし、すべてオリジナルでプログラミングしたもの、または自身による改良に限る。
審査基準:「発想力」「表現力」「技術力」
応募資格:日本国在住の、6歳以上15歳以下(2020年4月1日時点)の小学生・中学生。グループ応募は3人以下。応募は1人(または1グループ)何作品でも可能
応募費:無料(応募までにかかる費用は自己負担)
表彰:賞状および副賞(日本HPのノートパソコンなど)
応募締切:11月3日
詳細

関連URL

「第5回全国小中学生プログラミング大会」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方の負担にならない 校務用PCの二要素認証ログイン 指タッチだけで簡単ログイン リモートアクセスも簡単にできる! 詳しくはこちら YubiPlus
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の健康管理に
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン 詳しくはクリック! lockncharge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス