1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. COMPASS、経産省「未来の教室」STEAMライブラリ事業者に採択

2020年10月29日

COMPASS、経産省「未来の教室」STEAMライブラリ事業者に採択

COMPASSは28日、経済産業省の2020年度「未来の教室」STEAMライブラリ事業の事業者に採択されたと発表した。

同社は、同事業で、徳島県を拠点とする水産(牡蠣養殖)事業者「リブル」の協力のもと、「水産資源の持続可能性×水産業におけるテクノロジー活用」のSTEAMコンテンツを制作する。

このコンテンツは、社会・理科・数学の複数教科を横断し、水産業・養殖を切り口として「持続可能な資源活用」と「産業」の両立と、そこにおけるテクノロジー活用の可能性を探究。

さらには、地域に応じた食文化といった身近な話題にもひきつけながら、水産業の意義や魅力にも遡及する。

水産業の課題と価値、活用されている技術や地域・文化に応じた違いや水産市場の構造や養殖の経済合理性への理解を目的としている。

同コンテンツで取扱う教科とゴールは、「社会×理科×数学」では水産業の課題と価値、活用されている技術や地域・文化に応じた違いの理解を、「社会×数学」では水産市場の構造や養殖の経済合理性への理解。

11月3日から5日にかけて開催される「Edvation×Summit 2020 Online」において、2020年度「未来の教室」事業の中間報告が実施される。「学びの個別最適化」と「学びのSTEAM化」の2つをテーマに、学校現場での実践例の発表やパネルディスカッションを実施。COMPASSはSTEAMライブラリのコンテンツ作成事業者としてセッションに登壇する。

【経産省「未来の教室」中間報告会の開催概要】
開催日時:11月5日 (木) 13:00~15:40
開催方法:オンライン開催
参加費:無料(チケット要事前申込み)
詳細・申込

関連URL

COMPASS

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス