1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. タクトピア、経産省「未来の教室」実証事業に3年連続で採択

2020年10月30日

タクトピア、経産省「未来の教室」実証事業に3年連続で採択

タクトピアは29日、経済産業省「未来の教室」実証事業に、2018年・19年度に続き、3年連続で2020年度も採択されたと発表した。

同実証では、武蔵野大学高校と共同で、通常授業に組み込める汎用性の高いアントレプレナーシッププログラムの開発・実証を実施。

探究学習に欠かせない「主体的に学ぶ」ためのマインドセットを獲得できる研修体系を、全国の高校のカリキュラム内で実現することを目指す。

同社は創業以来、アントレプレナーシップ教育プログラムの提供に注力。開発にあたっては、年間900社のスタートアップ企業を生み出すマサチューセッツ工科大学(MIT)で提唱されている起業家育成メソッドをベースにしながら、のべ220以上のパートナー校との連携を通して、日本の中高生向けに高度に最適化された内容になっている。

これまでは海外研修・国内研修・連続講座など様々な形態を取りながら、ラーニング・デザイナーと呼ばれる専門職がプログラム設計からファシリテーションまでを一気通貫で担い、個々に異なる学校のニーズに答える柔軟性と一貫性を両立させてきた。

今回は、その知見を集積させ、最も効果が高いとされるコンテンツをもとに、汎用性の高いプログラムへの落とし込みを行い、学校教員が通常授業のなかで活用できる教材・教案の開発と実証を行う。

「実証事業」の概要

実証期間:10月~2021年2月
開催場所:武蔵野大学高校 [東京都西東京市新町1-1-20]
対象:武蔵野大学高校PBLインターナショナルコース1年生
参加人数:62人
実施時間・回数:2コマで1授業、全10回

関連URL

タクトピア

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス