1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学研プラス、経産省「未来の教室」実証事業に2年連続で採択

2019年9月26日

学研プラス、経産省「未来の教室」実証事業に2年連続で採択

学研プラスは25日、経済産業省「未来の教室」実証事業(平成31年度「学びと社会の連携促進事業」)の事業者に、昨年度に続き2年連続で採択されたと発表した。

「未来の教室」は、2018度から経産省が取り組んでいる実証事業。学習の個別最適化、文理融合(STEAM)、社会課題解決を主なテーマとし、EdTechを活用して効率的な知識の習得と創造的な課題発見・解決能力の育成を両立する、新しい学習プログラムの開発・実証を進めている。

学研プラスでは現在、2018年度の「未来の教室」で開発した「日本版Music Blocks」(ミュージックブロック)と授業案を小学生・小学校・教員に使ってもらい、日本全国にSTEAM教育を普及する活動を行っている。

同時に学習塾、スポーツクラブ、音楽教室、学童保育施設などにMusic Blocksを使った学習カリキュラムを提供し、公・民両面でSTEAM教育を実践している。

今年度の「未来の教室」では、Music Blocksを使った「STEAMライブラリー」用教育コンテンツの構築を行う。

また、今年度は、岐阜市教育委員会との連携で、岐阜市立徹明さくら小学校の教諭の全面的な協力を得て、より効果の高い実証事業を推進する体制も整えている。

同社は、岐阜市の教諭とともに、2018年度の「未来の教室」の成果と振り返りから、「いつでも、どこでも」Music Blocksの操作が学習できる動画教材、創造性と課題発見力・解決力を育成する単元計画・授業案・評価教材を構築していく方針だという。

関連URL

未来の教室

日本版Music Blocks

岐阜市教育委員会

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス