1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. デジタル・ナレッジ、米国ハイランド社とソリューションパートナー契約を締結

2020年11月4日

デジタル・ナレッジ、米国ハイランド社とソリューションパートナー契約を締結

デジタル・ナレッジは10月30日、オープンバッジ(デジタル資格証)のソリューション事業において、Hyland Software(ハイランド社)とソリューションパートナー契約を締結したと発表した。

ハイランド社は、社員数3000人を超えるグローバルに展開するソフトウェア企業。また、Hyland Credentialsは、ブロックチェーンを使用したブロックサーツ証明書を発行管理するシステム。

今回の締結により、デジタル・ナレッジではブロックチェーンを活用したよりセキュアなオープンバッジの提供が可能になるという。具体的にはセキュリティ要件や顧客のニーズに合わせて3段階のバッジ種別を選択できる、フレシキブルなオープンバッジソリューションを用意。

個人が取得した資格やスキル、学習や研修の修了証明をオンライン上で表示できる「オープンバッジ」は、国際標準化団体「IMS Global」が認定する世界的な国際技術標準規格。オープンで自由度が高く一般的なデジタルバッジとは異なり、信頼できる資格・修了証明書として、欧米では主要なグローバルIT企業や大学等で広く活用されている。

従来、大学の卒業証明書などに使われることが多かったオープンバッジだが、ここ最近は企業での活用が急激に広がっている。その背景には、欧米では経歴詐称やバッジの偽造などが問題視されていることが挙げられる。

同社では、2014年からデジタルバッジManandaソリューションを展開するなどオープンバッジに関する取り組みを独自に進めてきたが、今回、商用で唯一ブロックサーツの発行サービスを行っており、マルタ共和国やEU等での豊富な実績を持つハイランド社とソリューションパートナー契約を結ぶことで、ブロックチェーンベースのよりセキュアなオープンバッジの提供が可能に。デジタルクレデンシャル分野において最先端の仕様、技術にいち早く取り組んでいるハイランド社との業務提携により、同社では今後、最新のオープンバッジソリューションによるさまざまな価値を提供していく予定。

関連URL

オープンバッジソリューション

デジタル・ナレッジ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス