1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ベネッセ、経産省「未来の教室」実証事業に採択、高校生向け「防災学習のSTEAM教材」

2020年11月5日

ベネッセ、経産省「未来の教室」実証事業に採択、高校生向け「防災学習のSTEAM教材」

ベネッセコーポレーションは4日、2018年度から3年連続で経済産業省が主導する「未来の教室」実証事業の事業者に採択されたことを明らかにした。

実証事業として、同社では高校生向けの「防災学習のSTEAM教材」を開発する。国内外の災害発生状況も踏まえつつ、高校生たちが自分の住む地域のハザードマップや統計情報をもとに、地域の防災・減災を探究し、自分たちが考える防災・減災へのテクノロジー活用事例として、解決策となるロボットを大学・企業・地域自治体とともに考えるという内容になっている。

教材開発では、岡山大学大学院の亀川哲志研究室と連携する。亀川准教授は災害時のレスキューロボット開発に豊富な経験を有しており、高校生たちはロボット開発に含まれるセンサー・制御系・駆動系の先端テクノロジーを学び、それらを組み合わせて新しいロボットを企画し、プロトタイプ開発を目指す。

このたびの実証事業を通じ、同社は、学校の授業で生徒がワクワクしながら学ぶために教員に求められるノウハウ、学校の教科で学んだ知識を社会課題に基づいて探究・研究するためのノウハウを明らかにし、学校現場に提供する。

また、STEAMの学びを推進するために不可欠な情報活用能力、論理的思考力、物事に主体的に関わっていく態度などを身につけられるカリキュラムを開発するとともに、これらのスキルを育成・評価する同社の教材やアセスメントとの連携を検討する。

関連URL

ベネッセコーポレーション

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス