1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ベネッセ、経産省「未来の教室」実証事業に採択、高校生向け「防災学習のSTEAM教材」

2020年11月5日

ベネッセ、経産省「未来の教室」実証事業に採択、高校生向け「防災学習のSTEAM教材」

ベネッセコーポレーションは4日、2018年度から3年連続で経済産業省が主導する「未来の教室」実証事業の事業者に採択されたことを明らかにした。

実証事業として、同社では高校生向けの「防災学習のSTEAM教材」を開発する。国内外の災害発生状況も踏まえつつ、高校生たちが自分の住む地域のハザードマップや統計情報をもとに、地域の防災・減災を探究し、自分たちが考える防災・減災へのテクノロジー活用事例として、解決策となるロボットを大学・企業・地域自治体とともに考えるという内容になっている。

教材開発では、岡山大学大学院の亀川哲志研究室と連携する。亀川准教授は災害時のレスキューロボット開発に豊富な経験を有しており、高校生たちはロボット開発に含まれるセンサー・制御系・駆動系の先端テクノロジーを学び、それらを組み合わせて新しいロボットを企画し、プロトタイプ開発を目指す。

このたびの実証事業を通じ、同社は、学校の授業で生徒がワクワクしながら学ぶために教員に求められるノウハウ、学校の教科で学んだ知識を社会課題に基づいて探究・研究するためのノウハウを明らかにし、学校現場に提供する。

また、STEAMの学びを推進するために不可欠な情報活用能力、論理的思考力、物事に主体的に関わっていく態度などを身につけられるカリキュラムを開発するとともに、これらのスキルを育成・評価する同社の教材やアセスメントとの連携を検討する。

関連URL

ベネッセコーポレーション

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス