1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 情報工場×九州大、「調べ学習の学習行動と知識変化」に関する共同研究を開始

2020年12月21日

情報工場×九州大、「調べ学習の学習行動と知識変化」に関する共同研究を開始

情報工場は、九州大学と共同で、調べ学習における学習行動パターンが知識の広がりにどう影響するか、に関する共同研究を開始したと18日に発表した。

この共同研究は、同大の授業「課題協学」内のテーマ「人間社会におけるデータの利用:2030年のデータ利用サービスをデザインする」で、様々な資料を調べる「調べ学習」で取った学習行動と、それにより知識がどのように広がったかをデータ化・分析し、学習者が効果的に知識を広げることのできるパターンを見出すもので、11月からスタートさせた。

同研究では、学生は、Web検索・図書館などでの資料閲覧、同社の書籍ダイジェスト配信サービス「SERENDIP(セレンディップ)」のダイジェスト閲覧の3つを使って調べ学習を複数回行う。

全ての回の学習行動履歴を記録し、各調べ学習の終了後には、学生は、調べ学習のテーマに関連する概念(知識)を線でつないだ図(概念地図)を、調べ学習の成果として作成。

これらの実験データから、各学生が行った調べ学習での行動履歴の時系列データをディープラーニングまたは統計的手法でクラスタリングしたうえ、カテゴリ分けする。

その上で、行動履歴のカテゴリごとの知識の広がりの違いを分析し、どのような行動パターンが知識の広がりに貢献するかを考察する。

共同研究の概要

研究期間:11月12日(木)~2021年3月31日(水)
研究対象者:九州大学の学生のうち研究参加に同意した学生(20~40人)
使用物:Google Chromeがインストールされたパソコン、Google Chromeの拡張能History Master、SERENDIPダイジェストを設置したWebサーバ、インターネット、図書館の資料、SERENDIPダイジェスト

関連URL

九州大学

情報工場

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス