1. トップ
  2. データ・資料
  3. Duolingo、無料語学アプリが『ゴロゴロしながら英語は学べる』をテーマにプロジェクト始動

2020年12月29日

Duolingo、無料語学アプリが『ゴロゴロしながら英語は学べる』をテーマにプロジェクト始動

Duolingoは28日、「全国英語学習のホンネ調査」を実施、英語に対する苦手意識を解消したいという思いから、プロジェクトを展開すると発表した。

調査の結果、日本人の7割が「英語に対して苦手意識がある」と回答。英語に苦手意識があると回答した人のうち9割が、「小学校から大学の在学期間中」に苦手意識を抱いたと回答。
英語に苦手意識を感じた人の約半数が、「英語学習が始まったタイミング」で既に苦手意識が芽生えていると回答した。

プロジェクトの第1段として、12月28日から、渋谷駅で「#私が英語を苦手になった理由」をキーワードに、英語に対する苦手意識を、恥ずかしがらず、皆でオープンに話しやすくすることを目的とした交通広告を展開。第2段は、12月29日から、家でゴロゴロしている時のように、リラックスした感覚で英語と触れ合ってもらうことを目的とし、「#今日のゴロゴロ応援して」をキーワードに、日本中の冬休みのゴロゴロを応援するキャンペーンを実施する。

キャンペーン概要

<実施期間>
12月29日(火)10:00 ~ 2021年1月11日(祝・月)17:00
<参加方法>
①Twitterで@Duolingo_Japanをフォロー
②ハッシュタグ「#今日のゴロゴロ応援して」を付け、ゴロゴロしたい気持ちをDuo君へアピール。
<賞品>
今日のゴロゴロ賞:「Yogibo Mini」合計14名(期間中毎日1名)
この冬のゴロゴロ大賞:「Yogibo Double」1名(期間中1名)

キャンペーン詳細:Duolingo公式Twitter

調査概要
Duolingo Inc. 「全国英語学習のホンネ調査」全国の日本在住者男女15歳〜69歳1200人に対するインターネット調査
調査地域:全国
対象者条件:日本在住者男女15歳〜69歳
調査手法:インターネット調査
調査時期:2020年12月
サンプル数:1200人

関連URL

Duolingo

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス