1. トップ
  2. データ・資料
  3. 22卒学生の就職意識調査 =キャリタス就活2022 学生モニター調査結果=

2021年3月18日

22卒学生の就職意識調査 =キャリタス就活2022 学生モニター調査結果=

ディスコは、2022年3月卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象に、3月1日時点での就職活動に関する調査を実施し、結果を発表した。

志望業界についてきいたところ、1位は「情報処理・ソフトウエア」、2位「インターネットサービス」、続く3位に「銀行」に。一人あたりのエントリー社数の平均は23.3社で、前年調査(21.6社)より1.7社増加。セミナー・会社説明会の参加状況については、オンライン形式への参加者は84.3%、会場型は30.7%でオンラインが大幅増。

就職活動の中心とする企業規模について聞いたところ、採用減への不安から、大手狙いの学生は2年連続で減少(58.0%→54.6%→51.2%)。選考試験の受験状況は、ES提出、筆記試験受験は7割超、面接試験は6割超と、前年より10ポイント以上の上昇。3月1日現在の内定状況について聞いたところ、内定率は21.1%。前年同期実績(15.9%)を5.2ポイント上回る。内定企業の7割強(74.7%)が「インターンシップ参加企業」で前年(69.3%)より増加。

今後の就職活動の方針と終了希望時期について聞くと、就活終了は6月下旬(16.8%)が今年も最多で、遅い時期のポイント増えているという。今後の景気予想について聞くと、「悪化する」が前年より30ポイント減少(72.2%→42.1%)。回復を予想する学生が増加。初期配属確約採用について聞いたところ、配属部署・職種・エリアとも「決まっていると承諾しやすい」が6割近くに。

この調査は、3月1日~4日にかけて、2022年3月に卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象にインターネット調査で実施。回答者数は、1305人(文系男子425人、文系女子403人、理系男子335人、理系女子142人)

関連URL

調査結果の詳細

ディスコ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス