1. トップ
  2. 学校・団体
  3. N高・ S高、VR技術を活用した「普通科プレミアム」がスタート

2021年4月9日

N高・ S高、VR技術を活用した「普通科プレミアム」がスタート

角川ドワンゴ学園 N高等学校(N高)とS高等学校(S高)は7日、2021年度の入学式をVR空間内で開催した。N高にとっては開校から数えて6回目、S高は初めての入学式。両校合わせた新入学生の数は7304人、N高とS高の合計生徒数は1万8千731人となる見込みだという(2021年5月1日予定)。

隈研吾氏が設計したVR空間の校舎 「学びの塔」

N高・S高は4月から、新たな取り組みとして、VR技術を活用した「普通科プレミアム」を開始。これまでの映像授業に加えて、VR空間でも授業を受けられるようになる。VR空間では仲間の存在を感じながら、ともに切磋琢磨し、より集中して学ぶことができる。さらに、オンライン授業の弱点でもあった、コミュニケーション力をつけるための学習もVR技術を使うことでより強化できる。VR空間で各地の生徒とワークショップを行ったり、英会話や面接などの練習もできる。VR空間内の象徴的な学び舎「学びの塔」は、建築家の隈研吾さんが設計。

普通科プレミアムを受ける生徒は約4000人。新入生の約4割が、普通科プレミアムを選択。履修可能な授業6984本のうち、VR空間で履修できるのは2341本となり、全体の33.5%がVRに対応(4月1日時点)。今後もVR対応を進めていき、2021年度内には過半数の授業がVR空間内で履修できるようになる予定だという。

関連URL

N高等学校・S高等学校

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス