1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. マイクロソフト、1人1台ICT環境の活用に注力 教員向け活用ポータルを6月公開予定

2021年4月16日

マイクロソフト、1人1台ICT環境の活用に注力 教員向け活用ポータルを6月公開予定

日本マイクロソフトは15日、GIGAスクール構想の1年を振り返り、1人1台ICT環境の活用に向け、「教員」、「生徒」、「保護者」、「高校生」に対し、今後のどのような支援を行っていくのかについて発表した。

今後の教員向けの取り組み

教員に対しては、「Microsoft教育センター」、自治体向けの無償研修「GIGA Start Program」の実施、「マイクロソフト認定教育イノベーター(MIEE)」「マイクロソフト認定教員(MIE)」の認定プログラムを実施することで裾野を広げてきた。

今後は、今まで教員が使ってきた教材例・実践例・指導案を提供する教員向け活用ポータル「Microsoft Education 授業・学校活用素材集」を6月に公開予定。同ポータルの内容は、文部科学省 StuDX とも連携している。そして2023年度までにMIEE、MIEの教員を中心に地域のコミュニティを開設し、より多くの教員がICTを使えるように準備をしているという。

また、教員向けにすぐに使えるヒント集の提供も開始。これまであまりICTを使ってこなかった教員向けの基本的なマニュアルや、オンライン授業のヒント集、オンラインでのイベントのマニュアルを公開。さらに、教員の業務改善に関しては、家庭との電話対応をデジタル化する取り組みのテンプレートを公開予定。

生徒向けには、小中高大と段階的に活用できるコンテンツを提供。「教育版マインクラフト」、「MakeCode」、4月に日本語版が公開された「Hacking STEM」、最新テクノロジーを学ぶ「MS Learn」。プログラミングだけでなく、自分の想像、思い、好奇心を伸ばしいけるコンテンツが充実。また、インクルーシブ教育を支援する様々な機能もWindows 10 と Office 365 に標準で搭載する。

保護者向けには、家庭で安心安全に使える活用マニュアルを公開。「Microsoft at Life」では、パソコンの設定から、操作方法、在宅学習などに使える各種テンプレート、高校生のパソコンの選び方などの情報が掲載されている。

「高校での1人1台」の整備に向けて、「きみの学びが、世界を変える。」プロジェクトを同日に開始。生徒の主体の新しい取り組みの紹介、学びを支援する情報提供、多様化する生徒への支援などがまとまっている。

関連URL

Microsoft 教育センター

Microsoft GIGAスクールポータル

Microsoft at Life

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス