1. トップ
  2. データ・資料
  3. エンジニアが学びたい開発言語1位はPythonで企業が求める言語と乖離 =paiza調べ=

2021年4月19日

エンジニアが学びたい開発言語1位はPythonで企業が求める言語と乖離 =paiza調べ=

paizaは15日、現役のITエンジニア向けに開発言語調査を実施した結果を発表した。

ITエンジニア向け転職・就職・学習プラットフォーム「paiza」を運営する同社が、「paiza転職」を利用中の現役ITエンジニアに、3月19日〜28日、一番得意な言語や学びたい言語のほか、自分がサービスを作る際に使いたいフレームワークなどを質問した。有効回答数は369。

ITエンジニアが一番得意な開発言語は、Javaが19.8%で1位。さまざまなシステムに幅広く使用されていることもあり、業務経験を持つ人が多いためと思われる。以下、Python(12.5%)、C言語、C#(ともに10.0%)と続いた。

一番学びたい言語は、1位はPythonで26.6%、2位はRust(16.3%)、3位はGo言語(11.7%)。Pythonは同社が2020年2月に実施した「好きなプログラミング言語」調査でも1位で、今後も人気が続くと思われる。2位のRustは、2010年に登場した言語だが、安全性、速度、並行処理に優れており、急速に人気を伸ばしている。

一方、paizaに掲載している求人は、JavaScriptが最も多く11.9%、以下、Java(11.3%)、PHP(11.0%)であり、企業が求める言語とITエンジニアが得意な言語や学びたい言語には乖離があった。

求人票で提示している年収の平均を開発言語別に比較すると、Scalaが1位。以下、TypeScript、Go言語、Kotlinと、比較的新しい言語が上位を占める。新しい開発言語は業務経験のあるエンジニアがまだ少ないため希少価値が高く、提示年収も高くなる傾向にあるという。

関連URL

paiza

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス