1. トップ
  2. データ・資料
  3. HRMOS WorkTech研究所、「採用活動と入社者のオンボーディング」に関するアンケート調査

2021年6月30日

HRMOS WorkTech研究所、「採用活動と入社者のオンボーディング」に関するアンケート調査

Visionalグループのビズリーチは28日、同社が運営する「HRMOS WorkTech研究所」が、企業の人事・採用担当者を対象に「採用活動と入社者のオンボーディング*1」に関するアンケートを実施しその結果を発表した。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、リモートワークを実施する企業が増えるなか、採用活動のオンライン対応は急速に導入が進んでいる。同調査では、採用だけではなく入社者のオンボーディングにおける、オンライン対応の状況やその課題を明らかにすることを目的として実施された。

同調査からは、約9割がオンライン採用を実施、約7割が入社者のオンボーディングをオンラインで実施しているという結果が明らかになった。2020年4月に実施した企業の人事・採用担当者向け調査では、53%が「オンライン採用に対応中」と回答。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を大きく受けたこの約1年で採用活動で、オンライン化が進んでいると考えられる。また、リモートワークが進み、企業の約7割が入社者のオンボーディングもオンラインで実施していることが判明した。

また、約6割が入社者のオンボーディングに課題があると回答。うち約7割が「採用した人材が、社内で人間関係を構築しやすくしたい」と考えていることが明らかになった。企業規模別に改善したい点を比較すると、企業規模が大きくなるほどに、その割合が増す。
また95%の企業が、採用時の情報を人材配置やアサインメントに活用したいと回答した。採用と育成・配置などの人事業務が縦割りになることで、情報連携や、データ連携が難しくなる中、採用時と入社後の活躍までの情報を連携させ、人材活用につなげていく必要に迫られている。

調査期間は4月26日~5月14日。HRMOS採用導入企業、同社メールマガジンの購読者を対象に行われ、有効回答数232件が得られた。

*1:オンボーディングとは、新卒採用者や中途採用者の受け入れから定着・活躍までの支援を行う施策のこと。

関連URL

ビズリーチ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス