1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. トライトグループ、学生によるシビックテック開発コンテスト「Civictech Challenge Cup U-22」に協賛

2021年7月1日

トライトグループ、学生によるシビックテック開発コンテスト「Civictech Challenge Cup U-22」に協賛

トライトグループは6月29日、コード・フォー・ジャパンが開催する学生向けシビックテック開発コンテスト「Civictech Challenge Cup U-22」(CCC U-22)に協賛すると発表した。

「CCC U-22」は、エントリーした学生がチームを組成し、自分たちの身近にある地域課題や解決したい社会課題を解決するアイディアを考え、実際にその解決に向けたサービスのプロトタイプを開発する実践的な開発コンテスト。昨年度に大賞を受賞した「Civichat(シビチャット)」は、現在法人化し、スタートアップと行政職員が協働する地域課題解決プロジェクト「Urban Innovation Kumamoto」に採択され、実証実験にも至っているという。

「CCC U-22」を運営しているコード・フォー・ジャパンでは、テクノロジーを活用して社会課題や地域課題の解決を目指すシビックテックの啓蒙を行っており、昨年には、東京都公式の新型コロナウイルス感染症対策サイトの開発、またそれを通じた自治体のオープンデータの推進を行うなど、行政機関におけるテクノロジー活用も支援している。

今回、同グループでは、コード・フォー・ジャパンの活動、また「ともに考え、ともにつくる社会」というビジョンに共感し、「CCC U-22」への協賛を決定。

国内では 2021 年 9 月にデジタル庁の設置が予定されるなど、国や地方行政におけるデジタル化や DX が推進されている。6 月 18 日に閣議決定された経済財政運営と改革の基本方針 2021においても、デジタル人材の育成・確保が方針として掲げられており、シビックテックの推進や、最先端のテクノロジーを活用し組織に成長や価値をもたらすデジタル人材の育成は、今後さらに重要になっていく。同社では、主軸サービスである人材紹介・派遣業と合わせて人材育成・キャリア支援の強化を進めるほか、医療・福祉業界における DX の推進を図ることで、人材不足や、業界を取り巻く社会課題の解決を目指す。DX 人材の育成に繋がる「CCC U-22」への協賛を通じて、コロナ禍において社会課題に目を向ける学生を
支援することで、同グループが取り組む医療・福祉における社会課題の解決のみではなく、あらゆる社会課題の解決に繋がることを期待しているという。

関連URL

Civictech Challenge Cup U-22

トライトグループ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス