1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 武蔵野大学、データサイエンス学部生2人が「DICOMO2021」で「最優秀プレゼンテーション賞」受賞

2021年7月13日

武蔵野大学、データサイエンス学部生2人が「DICOMO2021」で「最優秀プレゼンテーション賞」受賞

武蔵野大学は9日、同大学のデータサイエンス学部(MUDS)2年の大西 力登さん、神寶 結美子さんが6月30日~7月2日にオンラインで開催された「DICOMO2021」で、バーチャル空間でのチア練習支援システムを提案し、「最優秀プレゼンテーション賞」を受賞したことを発表した。

同賞は特に優れた発表を行った上位3組に与えられる賞で、全231件の中から選出された。同論文はHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を使用して客観的な評価や視覚的なフィードバックをバーチャル空間で実現し、チアの練習を効果的に支援するシステムを提案したもの。

「DICOMO2021」は、情報処理学会が主催するマルチメディア、分散、協調とモバイル等、情報分野におけるシンポジウム。17回目となる今年度も昨年度に続きオンラインで開催され、MUDSから5組が参加。

同受賞により、MUDS生の学会での受賞は15件。引き続きMUDSでは1年・2年次から研究の成果を国内外の学会発表・論文発表を積極的に推進し、社会に貢献できるデータサイエンス・AI人材の育成及び研究に取り組んでいくという。

発表概要
題名:HMDを使用したバーチャル空間におけるマルチユーザ型チア練習システム
著者:大西 力登さん, 神寶 結美子さん, 中村 亮太准教授 (武蔵野大学データサイエンス学部)
概要

関連URL

DICOMO2021

武蔵野大学データサイエンス学部

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス