1. トップ
  2. データ・資料
  3. 海外留学を希望する学生の約7割が行動に移せずにいることが判明=Duolingo語学調査=

2021年8月20日

海外留学を希望する学生の約7割が行動に移せずにいることが判明=Duolingo語学調査=

Duolingo (ドゥオリンゴ)は19日、日本在住の15歳~24歳の学生男女合計1000人を対象に実施した、「学生の海外進学・留学に関する実態調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、高校・大学の進学先として海外進学もしくは海外留学を考えたことがある、もしくは考えているかと質問したところ、26.7%が「考えたことがある(考えている)」と回答。

実際に海外進学・留学に行ったかを聞いたところ、44.2%が「行きたいと考えたが諦めた」、30.7%が「行ったことはないが現在も行こうかと考えている」と回答。74.9%の学生が、海外進学・留学に意欲的ながらも、実際には行動に移せていないことが分かった。

海外進学・留学を諦めた理由を聞いたところ、1位「留学費用」55.9%、2位「語学力が足りなかった」39.8%、3位「コロナウィルスの影響」39.8%という結果になった。

また、海外進学・留学を諦めた、もしくは今も迷っている学生に準備段階で障壁となることを聞いたところ、1位「学習に費用がかかる(試験・塾など)から」45.0%、2位「出願時の手続きの費用がかかる(出願時の証明書発行等)」27.0%、3位「語学の勉強方法がわからないから」24.5%。

海外進学・留学に関して、様々な金銭的負担が大きく影響を与えていることが判明した。

海外進学・留学を視野に入れて英語資格試験のテストを何回受けたかを聞いたところ、19.5%が「1回」、18.4%が「2回」、12.7%が「3回」と約半数が1~3回と回答。学生の平均総受験回数は「1.9回」という結果になった。

また、33.7%が「1度も受けたことがない」と回答しており、海外進学・留学を視野に入れつつも、英語資格試験を受けたことのない学生が3人に1人存在していた。

英語資格試験を受ける際に負担に思ったことは、1位「試験費用」53.1%、2位「受験時間が長い」40.1%、3位「勉強方法がわからない」27.1%だった。

この調査は、15〜24歳の学生(中・高・大・大学院・専門学生)を対象に、7月23日~26日にかけて、WEBアンケートという形で実施。サンプル数は計1000人。

関連URL

調査結果の詳細

Duolingo

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワーク用パソコンのセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi GIGAスクール時代における学校教育・学習指導について考える会(無料) 9.21(水)16:00-/9.28(火)16:00- お申し込み受付中 
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • 基本機能だけならずっと無料 デジタル採点システム 無料Webセミナー 10/5(火) 16:30~開催 先着順にてお申し込み受付中 YouMark Personal
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス